LINEで最新&お得な情報をお届け!

LINE@で友達追加

 

こんにちは。

パーティークリエイターのアフロマンスです。

01

僕は、人生において「理屈じゃないこと」こそ大事なこと、だと思っています。

今日はその話について書きたいと思います。

 

 

1、大人になると「理屈」で考える

170618_QreatorCampTokyo - 1 / 1

子供の頃は「◯◯が好き!」「△△がやりたい!」「将来は××になりたい!」など、好き勝手に思っていたし、周りにも言っていたと思います。

よほど、社会的に間違ったことでもない限りは、否定もされなかったはず。「将来が楽しみね」って。

 

でも、就職活動や、社会に出ると、

「なんで君はそれをやりたいの?」

「それやったら何になるの?」

「それでいくら稼げるの?」

など、激しいツッコミをくらいます。

 

そして、体のいい理屈を探して、何をやるか考え始めます。

「お金が稼げるいい仕事」

「社会をよくする活動」

「2020年のオリンピックに向けて」etc

根っから本気でそう思っている人もいるし、それは素晴らしいことだと思いますが、本当は心からそう思えてない人もいると思います。

 

自分がやっていることに「理屈」がないと不安だから…

「なぜ?」と聞かれて答えられないのが、バカっぽくて嫌だから…

だから「理屈」が大事。

でも、本当にそうなんでしょうか?

 

 

2、理屈は「理屈じゃないこと」と社会の接点

01

「理屈はないけど、なんか好き!」「なんか楽しい!」「こうなりたい!」逆に「なんかわからないけど、嫌だ!」とか、そういう人が持つ、千差万別の感覚こそ、個性であり、その人らしさだと思います。

だから、何かアクションを起こすときには、うまく説明できない、自分の感覚を大事にしてほしい。

 

でも、「それって独りよがりじゃん」とか「好きなことやっても、世の中が振り向いてくれなかったら不幸になるだけ」という声もあると思います。

そこで「理屈」の登場です。

 

単に「やりたい!」と言い続けるのではなく、「自分のやりたいこと」は相手や社会から見たときにどんないいことがあるのか?

「自分のやりたいこと」で、皆でハッピーになる方法はないのか。

 

自分の中の「理屈じゃないこと」を実現する上で、社会とつなぐ「理屈」が見えてきたとき、世の中から後ろ風が吹いてくると思います。

 

 

3、人の心を動かすのは「理屈」じゃない

02

もっとも大事なことは「理屈じゃないこと」

そして、それを実現するために社会との接点として「理屈」をこしらえる。

これは、やり方を間違えて、何かをやるときの根っこが「理屈」になってしまうと、非常につまらなくなる、ということです。

 

理屈から入ってしまうと、本来、自分がいいと思っていることではなかったりするので、実現したけど「本当にこれが僕のやりたかったことなのか?」となってしまうかもしれません。

 

また、チームや仲間も同じです。

人の心は、理屈だけじゃ動きません。

あなたの中にある「理屈じゃないこと」に共感し、社会と結びつく「理屈」に納得することで、心動かされ、ついていくのです。

 

今、アクションしているけど、何かが引っかかっている人や、頑張っているけど、周りがついてこない人、そういう人は、今一度、自分の中の「理屈じゃないこと」と世の中に伝える「理屈」がどうなっているのか、振り返って見てみるといいかもしれません。

 

世の中にもっとワクワクを。

頑張っていきましょう。

 

アフロマンス

 

 

※近々、サイトを整理しようと思います。見にくくてごめんね!

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2

bunner_lineat5

 

bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature160211_2 bunner_feature160128_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

 アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted