FEATURE | 2017.3.18

コネゼロ!始まりは30人のパーティーだった。

bunner_lineat4

 

どうも、パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

afro1

直近ですが、3/21(火)に静岡でワンマンのトークイベント「おしえて!アフロさん!!」(イベントは終了しました)に出演させていただきます。主催は、SENARAMPPLAYTANK。泡フェスSHIZUOKA開催に尽力頂いたチームです。

 

17155317_1348441555213470_354056351799846199_n

今回、トークの中で、アフロマンスの「過去」〜「未来」を話して欲しい、という依頼がありました。その「過去」というのも、「泡パ」など話題のイベントを仕掛ける前の話。

 

それを聞いて、興味深いなと思ったんです。

僕がイベントで話をする時は、泡パ以降の「具体的にこんなことをやって、こんな成果を出しました!」「その秘訣はこうです!」みたいな「今」の話が多いんですが、そういう話って聞いている側からすると、ちょっと距離があるというか、参考になりそうでならないことも多いんじゃないかなと最近思っていたところでした。

 

どこかで「自分ごと化できない」

「アフロマンスだからできたんでしょ。自分には関係ない。」と思ってしまう。

 

でも、10年前の僕のイベントで話題になったものがあったかというとそんなないし、毎回赤字にならないかハラハラしてたし、あまりの雑さにスタッフやDJに見限られることもたくさんありました・・・

ただ、その時の活動は、確実に「今」につながっています。

「え?アフロもこんな感じだったんだ。自分もやれるかも。」

そんな等身大のアフロの話ができたらいいかなと思っています。

 

 

そこで今日は告知がてら、少しだけ僕の昔話をしたいと思います。

 

 


「そもそもこのアフロ誰やねん」というレベルの方は、やっていることをサクッとまとめたページがあるので、そちらをチェックしてください。

bunner_5min


 

 

1、コネゼロ!始まりは30人のパーティー

00

僕は1985年3月7日、鹿児島で生まれました。

小学校の一部を親の仕事の関係で東京で過ごした以外は、高校卒業まで鹿児島で育ちました。

京都の大学に入学し、この頃からアフロのヘアースタイルで「afromance」と名乗り始め(最初は英語表記だった)、DJしたり、イベントをやったりしていました。

そして、広告会社への就職を機に、東京に引っ越したのが2009年。

 

学生時代、色んな活動をやっていたので、京都での知り合いは沢山いましたが、東京に来ると、まさにリセット。友達もほとんどいない。

実際、東京に来て1年目は会社の同期とばかり飲んでいた気がします。

 

ただ、やっぱりDJがしたくなりました。

でも、コネは一切ない。

じゃあ、自分で主催しよう。そう思いました。

数少ないDJやVJの友達、さらにその友達に声をかけて、今はなき中目黒のOVOという箱で、東京で初めての主催パーティーをやりました。

 

c0140540_16442769

イベント名は「uniQ(ユニーク)」

ユニークなことがやりたいって意思表示ですが、まんまやんか!という感じですよね・・・(笑)

 

OVOはクラブというより、DJバーといった感じ。

正直、キャパは30人くらいだったかな?

でも、その30人を集めるのも必死でした。

友達いないし。

彼女はもちろん、彼女にも友達を連れてきてもらったりしてました(笑)

 

小さなパーティーで、何回かやって終わってしまいましたが、ここで出会ったTAKAHASHI KAZUTERUが、その後、金沢に引っ越して、泡パISHIKAWAの礎を築いたり、「今」にしっかりとつながっている、思い出深いパーティーです。

 

 

 

2、twitterの絡みで生まれたチーム

_MG_4503

そして、翌年の2010年、7月に差しかかった頃、「どっかでビーチパーティーやれないかなぁ」と、もんもんと思っていました。 ※完全にやろうと思うのが遅すぎです(笑)

そんな時に、twitterで「今年はビーチパーティーに行きまくりだぜ!」という投稿が目に入ってきたのです。

そして、何を思ったのか、面識もない、そして、恐らくクラブ業界の大先輩と思われる方に、いきなり「むしろやりたい!」 とリプライしました。

そしたら向こうも「え?じゃあやっちゃう?w」と返してくれて、その後は「やりましょう。早速打ち合わせいつにする?」「明日のAMは?」「場所は渋谷のWIREDで」といった具体にトントン拍子で話が進み、本当に次の日に打ち合わせをして、2週間後には湘南でビーチパーティーを開催するまでにいたりました。

今思うと、勢いだけはありました(笑)

 

00

しかし、当然、そんな急ごしらえでやったパーティーなど、うまくいくはずもなく、キャパ200くらい、最低150人呼ぶ想定が100人いかなかったと思います。赤字も出したし、会場にもしぼられました。

ただ、この後、ここで集まった仲間で新しいパーティー「DENITE(デナイト)」や、このイベント名を冠する海の家「BEACH SAIKO(ビーチサイコー)」をプロデュースしていくことになる、大きなターニングポイントでした。

何よりもここで出会った大先輩(諸事情により、あえて名前は伏せます)が、東京のクラブシーンをたくさんつなげてくれたり、パーティーとは何なのかを色々な側面から教えてくれました。本当に感謝しています。

 

 

 

3、「普通」に飽きていたから、色んなことをやった

473897_3904672709214_1609331275_o

DENITEは、本当にいいパーティーでした。

僕自身、学生時代からDJやイベントの主催をやってきて、普通のクラブイベントには飽きがきていて、その大先輩も近しいマインドを持っていました。

なので、毎回テーマ設定を考えて、「◯◯DENITE(〜デナイト)」という形でパーティーを展開していったのです。

 

例えば・・・

291604_3904659708889_1865233099_o

ハロウィンの時期以外にも、コスプレできるようなイベントができないかと思い、初夏の時期に「怪談」とかけて「horror DENITE(ホラーデナイト)」というイベントをやりました。

DJに加えて、怪談家を呼んで怪談トークの時間があったり、会場を白布で廃病院風にデコレーションして、参加者のドレスコードは「ナースor白衣」にしてみたり(結構な割合で着てくれてました)。とてもいいパーティーでした。

 

75228_3726631898305_756366347_n

「osoto DENITE(オソトデナイト)」と称して、5月に河川敷でBBQをしながらDJをするイベントをやったり。

このイベントは僕が今も毎年楽しみにしているイベントで(もう名前は変わってしまいましたが)、年に一度、このイベントだけで会う人たちがたくさんいるような、とても大切なイベントです。

 

546212_4256907514864_1152825396_n

ビルの屋上(しかもジャグジー付き)で、音を出せるというスペースを見つけたら、すぐに「sora DENITE(ソラデナイト)」というイベントをやりました。

開放感のある屋上で、ジャグシーに入ったり、BBQしたり、good musicに体を揺らしたりする体験は、とても楽しかった記憶があります。

 

そんなこんなで実験的なパーティーをやっている中で、実はアフロマンスの最大のターニングポイントである「都内初の泡パーティー」も、このDENITEのシリーズとして開催されたのです。

 

また、その開催の裏側には、色々なストーリーがありました。

 

 

 

(続きはイベントで・・・爆)

 

 

 

色々な思い出やストーリーがありすぎて、思い出しながらいくらでも書けそうで困りました(笑)

でも、やっぱり全部つながっているんですよね。

だから、今は30人のパーティーを必死な思いでやっている人も、いつか1万人規模のイベントや、世の中で話題になるイベントをやっちゃう時が来るかもしれない。

そんな、自分自身の可能性を感じてもらえると幸いです。

(書いてて楽しかったので、反響あれば、色んな僕の過去のストーリーを赤裸々に書くシリーズをやってみようかなと思っています)

 

 

アフロマンス

 


イベント概要(イベントは終了しました)

17155317_1348441555213470_354056351799846199_n

見慣れた街中に突如現れる超巨大ウォータースライダー「スライド・ザ・シティ」!
抽選倍率2,800倍を記録した絶景フェス「ランタンフェスト」!
そして、この夏、静岡はもちろん、全国を泡まみれにした「泡パ・泡フェス」!

全ての仕掛け人アフロマンスが、3/21(火)に静岡にやってくる!
会場:Cafe Bar & Dialogue スノドカフェ七間町
静岡市葵区七間町7-8

定員:35名
※先着順・学生受入人数も別途あり・原則当日飛入り枠はありません

会費:一般 4,000円 / 学生 3,000円(ワンドリンク付)

交流会:20:00頃〜 (別会場・会費別)

 

企画ってどうやるの?
どうやったらファンが増える?
みんなの話題になるにはどうしたらいい??

そんなあなたの企画やイベントに関する「なぜ?」を、日本中を巻き込んでいるパーティークリエーター「アフロマンス」さんにぶつけてみましょう!

会の中では、あなたの声に直接アフロさんが応えてくれます!

【自分の企画にコメントが欲しい!!】
19日までに所定のフォーマットにご自身の企画を書いて送り、当日説明をしていただくと、アフロマンスさんからコメントやアドバイスがもらえます(応募多数の場合は抽選)

【こんなこと聞いてみたい!!】
あらかじめお寄せいただいた質問にできる限りお答えします(応募多数の場合は抽選)

そして、時間内じゃ物足りない!というあなたの為に、会の後には交流会を予定しています!こちらも是非ご参加ください(^^

 

詳しく下記URLをチェック!
https://senaramp.stores.jp/?category=EVENT


 

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2
bunner_mail_btn2 bunner_lineat_btn2 bunner_lineat_btn2_qr

bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature160211_2 bunner_feature160128_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted

FEATURE | 2017.10.15

人をまきこむキーワード「社会的エゴイスティック」

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんばんは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

02

「どうやったら自分の活動に人をまきこんでいけるのか?」といったことを聞かれることがあります。

また「スキルは素晴らしいのに、なぜかイマイチ売れない人」とか「有名な割に、ファンが増えない人」とか、なんか惜しいな〜という人を見ることも多いですよね。

 

これらを考えていて、人がまきこまれる一つのキーワードを思いつきました。

社会的エゴイスティック

です。

 

「〜的」とか「〜ティック」とかが二連続でついていて、アホっぽいですが、僕の中では一番わかりやすいかなと。

では、どういう考え方か、簡単に説明したいと思います。

 

 

1、社会的エゴイスティックとは?

151229_141

言葉の通りなのですが、

人を巻き込んでいくためには「社会性」と「エゴ」の2つの側面を持つことが重要、ということです。

 

02

 

例えば、あるミュージシャンがいたとしましょう。


彼は、音楽がとても好きで、人前で演奏して歌いたい、という強い感情を持っていました。これは、いい悪いなく「エゴ」です。自分が理屈抜きにただやりたい、という感情。

そこでライブ会場を借り、必要経費を払うために頑張って友達を誘います。

最初は、目新しさもあるので、会場は埋まりますが、続けていく中で集客が辛くなってきます。リピーターが増えないのです。歌が下手かと言えば、むしろ上手い方。努力もしてます。でも、増えない。


 

ここに「社会性」という視点を足すとどうなるのか。


毎日、駅前の路上で歌うことにしました。時間帯は、サラリーマンの帰宅タイミングです。彼の歌のコンセプトともマッチし、多くの疲れたサラリーマンの心を癒し、徐々に応援する人が増えていきました。


 

いかにもな例を書きましたが、要は

エゴ ・・・自分が理屈抜きにやりたいこと

社会性 ・・・世の中や誰かに何かしらの影響を及ぼすこと

です。

 

上記の逆パターンもあります。


恵まれない子供を救うために募金活動を行うことにした。いいことだと思うので、周りの友達を誘うのだが、なかなか協力してくれる人がいない。


これは「社会性」はあるのですが、逆に「エゴ」が足りないのです。

ここにエゴを足すと、


私は、お祭りが好きだ!

じゃあ、子供たちを集めて、お祭りを開こう!

お金を渡すだけが支援じゃない気もするし、楽しいことをしよう。そこでの利益を募金に当ててもいいわけだし、何よりもやりたい!


となると、これまで「募金活動」だと参加しなかった人も「お祭り」だったら参加したりする訳です。

 

2、意識的か、無意識かは関係ない

IMG_8642

「じゃあ、みんな意識して両方やってるの?」と言われると、答えは「意識している人も、無意識な人もいる」です。

 

この「社会的エゴイステッィク」の難しいところは、

エゴ ・・・本当に心からやりたいのか?

社会性 ・・・本当に影響を与えているのか?

が重要になっていきます。

 

例えば「お笑い芸人のコントを見て、腹の底から笑って、明日から頑張る元気をもらった」とします。

これは芸人側が、その人を元気づけるつもりでコントをやっていたかはあまり関係ない、ということです。著名な人は、知らない内にいろんな人に影響を与えている、というのはよくあることです。

 

逆を言えば、自覚的にやっても「本当」でなければ、人はまきこまれないということです。

・路上で歌って人気になっている歌手を見て、真似してやってみる

・寄付制のあるお祭りが流行っているので、うちもやってみよう

それが、アナタのやっていることや、自身の心とマッチしていればいいと思いますが、手法だけ真似しても上手くいかない、ということも多々あります。

 

 

3、じゃあ、どうすればいいのか?

150920-22-278

まず、自分の中の「エゴ」と「社会性」のバランスを考えてみましょう。

 

05

【エゴ寄り】やりたいことをやっているけど、人がついてこない人

自分のやりたいことや、やっていることで、人にどうポジティブに影響を与えられるのかを考えましょう。簡単に言えば、自分の持っているもので、人が喜んでくれたり、ハッピーになることを考えることです。

例えば、スキルや経験が高い人であれば、求めている人に教えてあげたりするのもいいでしょうし、自分の活動自体を、もっと人が喜んでくれるようにカスタマイズすることもできるでしょう。

ここで、ブランディングが・・・とか、それって得するのか?とか考えて止まってしまうなら、正直変われないと思います。もし今、上手くいっていないなら、早く考えを改め、行動することです。

 

06

【社会寄り】人や社会にいいことをしているけど、人がついてこない人

人は、理屈で動きません。心で動くのです。

いくら社会や人にいいことでも、理屈としては理解できても、そこだけではなかなか人は動かないものです。

また、良いことをしようとしている人が辛い思いをしては、元も子もないですよね。

だから、理屈抜きに、好きなことを思い浮かべてみましょう。

さっきは祭りと書きましたが、例えばご飯が好きならご飯を通して、世の中にメッセージを伝えることができるかもしれないし、写真が好きなら、写真を通してもできるかもしれない。

「好きなことがわからない」という人は、経験値が不足しています。何かが好きという気持ちは、経験からしか生まれません。いろんな仕事や活動、場を体験してみましょう。

 

 

どうだったでしょうか?

ふと思いついたことなので、整合性とか取れてないかもしれませんが笑

 

僕自身も好きなことをやりながら、世の中の誰かに、ポジティブな影響が与えられればいいなと思っています。

 

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

03

やりたいことをやっているけど、うまくいかない人へ

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

 

 出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact

FEATURE | 2017.10.4

イベントに企業スポンサーをつける方法

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんばんは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

02

今日は、タイトルの通り、イベントに企業のスポンサー(協賛)をつける方法を書きたいと思います。

 

経緯としては、イベント主催者に「企業によくスポンサードしてもらってますよね。」と言われるので、「じゃあ。どんな風にアプローチしているの?」と資料を見せてもらうと「あ〜これじゃ厳しいなー」と思うことがほとんどなので、僕のやり方を伝えるのは有益なのかも、と思った次第です。

また「スポンサーがついてくれるからこそできること」もあるので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

 

本論に入る前に…

アフロの事例紹介

01

「そもそも、教わるほどのヤツなのか?」と思っている人もいると思うので、簡単にスポンサードしてもらった事例を紹介します。

 

Slide the City × スプライト

10

150816_074

街中を巨大なウォータースライダーで滑る「Slide the City(スライドザシティ)」に、スプライトにメインスポンサーで協賛頂きました。

スプラッシュな爽快感との相性が抜群で、実施したイベントの様子を撮影したTV CMも話題になりました。

 

The Lantern Fest × PERRIER

09

02

スカイランタンをあげる絶景フェス「The Lantern Fest(ランタンフェスト)」に、ペリエにメインスポンサーで協賛頂きました。

ローンチ前から一緒にタッグを組ませてもらい、イベントの記者発表会も一緒にやらせてもらいました。

 

上記以外にも、色々な形で「自分のやりたいイベント」と「企業のニーズ」をつなげて、スポンサードして頂いています。

ちなみに、コネとか、企業の人と仲良い、とかは全然ないです。むしろ仲良くなりたい(笑)

 

 

それでは、アフロが思う「企業スポンサーをつけるには、こうした方がいいよー」について、大きく3つのポイントをあげてみました。

 

 

1)「イベント=集客数」という視点を捨てる

03

企業と付き合う上で、とても大事な考え方です。

多くのイベント主催者に、イベントの紹介資料を見せてもらうと、書いてあるのは結局「集客」の話です。これまでの実績や、次回目標で何人来るのか?ということ。

企業のマーケティングの視点に立ったとき、WEB広告やTV CMなどに比べると、リアルイベントはどう考えてもアプローチできる人数が割高になります。

イベントで1000人集めたらすごいと思うかもしれませんが、大企業から見れば「たった1000人にしかアプローチできない」なのです。

だから、その数字で戦うことはオススメしません。

 

では、どうすればいいかと言うと、色々ありますが例えば・・・

 

・SNSやメディアでの広がりを数値化する

04

1000人で割高でも、1000人がSNSに投稿すれば10万人に届くことも難しくはありません。逆を言えば、イベントの設計や拡散力次第で、100人のイベントの方がマーケティング的に価値がある、ということも可能です。

集客数に加えて、イベントとSNSとの連携を強めること、そして、その広がりを数値化すること。Googleで検索すれば、簡単にハッシュタグ単位で投稿数やリーチ数を調べたり、同時につぶやかれているキーワードを抽出するサービスが見つかります(当たり前ですが、イベントのハッシュタグを設定&認知させることも大事です)

また、メディアに取り上げられるという視点も有効です。メディアに掲載された量を広告換算という形で数値化することができます。こちらは一般の人が簡単に、とは言えないのですが、またリクエストがあれば別の機会で「メディアに取り上げられる方法」も書きたいと思います。

 

・「量」ではなく「質」で戦う

07

前述したように、イベントはマーケティング的に、単純な「量」で採用することは難しい。

そこで「質」で勝負するのは、有効な手段です。

これは別に、参加者の質がいいとか悪いとかいう話ではなく、属性のマッチングの話です。

例えば、ただ1000人の人が集まっているイベントと、美容や健康に関心が高い20〜30代女性が100人集まっているイベントでは、企業から見ても価値が全然違うし、後者の方がスポンサードされる可能性が高いです。

ほとんどの企業は、商品やブランドに「ターゲット」を設定しています。そのターゲットとマッチするのであれば、WEB広告よりも確実にアプローチができる可能性が高いし、何より実際にターゲットが集まっている場はかなり貴重です。

なので、自分のイベントは、どういう人たちが集まっているのか、そして、その人たちとマッチングする企業はどこなのか、と考えていくと、確度も自ずと上がってくると思います。

 

 

2、「とにかく載せる」という視点を捨てる

06

これも色んなイベントの資料を見ていて感じたことですが、何を載せていいかわからないから、とにかく色んな情報を載せていることが多いです。

見る担当者が、そのイベントの大ファンとかであればいいのかもしれませんが、数ある選択肢のうちの一つだった場合は、できるだけ簡潔に、知りたい情報にアクセスしてもらうことが大事です。

中には、まだ少ない公式アカウントのフォロアー数を載せたりとか、逆に「大丈夫かな?」と不安になってしまうことも・・・

 

「じゃあ、何を載せればいいの?」

と言われると、イベントや相手の企業によって変わってくるのですが、シンプルに言えば「私(企業)が、あなた(イベント)にスポンサードする理由が何なのか?」です。

例えば

・企業やブランドと、イベントのコンセプトが非常に親和性が高い

・企業やブランドのターゲットと、イベントの参加者層が非常に近い

・SNSの拡散やメディア露出まで含めると、費用対効果に見合う

など。

 

それ以外は、ほぼ要らないですし、上記の理由があれば、聞かれてから用意するなり、答えるなりすればいいことです。

基本は、できるだけシンプルにして伝わりやすくすること、が大事です。

 

 

3、「一緒につくる」という視点を持つ

08

不思議だなーと思うのは、イベント主催者の多くは「協賛が欲しい」と言っている割に、ついたらついたで「面倒くさい」とボヤいている人が多いことです。

もしかして「スポンサー」=「なんかお金もらえる」と思っているんでしょうか?だとしたら、大間違いです。

企業は、何か目的があって、あなたのイベントにお金を出しているのです。

新しい商品のPRかもしれないし、ターゲットの近いお客さんに体験して欲しいのかもしれない。その時に、頂いた協賛費用分の効果があるように設計することは最低限だと思わないとダメです。

 

「お金もらったらから我慢しないとダメか・・・」というと、そういうことでもないと思います。

イベント主催側は「よりよいイベントにしたい」、企業側は「マーケティングの目標を達成したい」、その双方を叶えるように「一緒につくろう!」という視点が大事です。

そういう意味で、イベントの紹介資料や協賛メニューは、入り口のドアノックでしかないと思った方がいいです。協賛が決まってからも、お互いにとってハッピーな企画になるように試行錯誤することが大事です。

 

ここが上手くできると、イベントもスポンサーも仲間になって「スポンサーがいるからこそつくれるもの」ができると思います。

 

 

と、パッと思いついたポイントを3つあげてみました。

もちろん、色んなケースがあるので、ここには書ききれないこともあるのですが、今日は一旦この辺りで。

また、反響があれば、またスポンサーや企業との付き合い方の視点を書きたいと思います。

 

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

01

「なぜマグロハウスはバズったのか?」SNS時代に話題になるイベント設計のポイント

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

 

 出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact

FEATURE | 2017.9.28

世界で活躍する飴細工師・手塚新理から知る「モノづくり」の真髄

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんにちは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

01

先日、日本随一の技術力を誇り、世界で活躍する飴細工師「手塚 新理」さんをお呼びして、人々を魅了する「モノづくり」をテーマにしたトーク&ワークショップイベントを開催しました。

 

170924_StarLab_01_Keyvisual_2

※キービジュアルに使わせてもらっているのが手塚さん制作の飴細工です

 

前半のトークセッションの中で、いくつか面白い視点をもらったので、せっかくなので記事としてまとめたいと思います。

 

⬇︎ ちなみに手塚さんについて知らない人はこちらを参照ください

 

1、価値を創造することがモノづくり

170924_042

「なぜ今モノづくりなのか?」

僕がこのイベントをやることになって、真っ先に出たキーワードです。

デジタル全盛の時代、PCやスマホでコンテンツをつくれるのに、わざわざ手作業でリアルなモノをつくる、そのモチベーションは何なのか?

また、僕は今まで形のない「体験」をつくってきたので、モノをつくる人の気持ちに興味があった、というのもあります。

 

ところが返ってきた答えは意外なものでした。

「アフロさんがやっていることもモノづくりだと思いますよ。」

 

僕は一瞬、きょとんとしてしまったのですが、手塚さんはこう続けました。

「”モノづくり”と言っても、何か形あるものをつくる”作業”が、モノづくりではない。価値あるものを創り出すことが”モノづくり”。だから、アフロさんのやっている活動も、モノづくりだと思います。」

 

この視点は、手塚さんが活躍している理由のひとつだと思いました。

モノづくりというと、ついつい「技術」や「作る工程」が注目されがちですが、その先に「世の中に価値をつくれるのか」という部分が無ければ、モノ自体に意味は無くなってしまう。

「価値をつくることがモノづくり」は、とてもしっくりきました。

 

 

2、伝統は守るものではなく、残ったものが伝統

170924_059

「伝統、その先へ」というキャッチコピーで活動をする「浅草・飴細工アメシン」

話の流れで、「伝統」というキーワードになった時に、手塚さんからこんな言葉が出ました。

「よく”伝統は守らないといけない”と言うけど、伝統は守るものではなく、残ったものが伝統なんだと思う。

 

時代が変われば、ニーズも変わる。

その時々に、変化しながら、その時代に合った価値を創造できたものは残り、できなかったものは消えていく。

だから、伝統とは、時代の変化の中でも人々から求められ、生き残ってきたものが結果として呼ばれるものなのだ。

つまり「伝統をアップデートしていくのは必然」なのです。

 

ここまで聞いて「伝統」も「モノづくり」も生き物なんだと思いました。

その時代を生きている人たちから生まれ、その時代の人たちに生かされる。そう思うと「とにかくそのまま残すべき」というのは、乱暴な考えなのかもしれない。

 

 

3、俺とは違うことをしろ

170924_064

もうひとつ印象的だったのが、後継者問題。

伝統的なモノづくりの世界では、どこでも共通する問題なのかもしれない。

手塚さんは「その業界でスターがいないと下の世代も憧れて入ってこない。ちゃんと稼げるというのを示すのも大事。」と言ってました。

ここは僕もとても共感で「パーティークリエイター」も業界のモデルケースになって、面白いクリエイターが増えたらいいと常に思っています。

 

また、そこで問題になってくるのが、後継者のスキル。

僕も手塚さんも、今やっている活動は独学で習得し、日々成長しているので、弟子からすると中々追いつくことができない。

「弟子には”俺とは違うことをしろ”と毎回言っています」と手塚さん。

守破離にも近いのかもしれないが、師弟の間で、最初は師匠を真似するところから始まる。しかし、最終的には自分の独自の道を見つけ出さなければ、先人を超えることはできない。

また、違う視点で見れば、手塚さんもアフロも「人とは違うことしている」のが大きな強みだ。人から学び、真似することも大事だが、その人ならではのクリエイティビティを身につけなくてはいけない。

 

 

短いトーク時間の中で、面白い視点を頂きました。

モノづくりはもちろん、何をやるにも参考になる考え方だと思います。

 

 

その後はワークショップへ

170924_079

飴細工は時間との勝負。思い切りが大事なんだそうです。

 

170924_089

あっという間にお手本の兎が完成。飴細工の基礎として、まずは兎をつくるのも伝統なんだそうです。

 

170924_106

手塚さんやお弟子さんたちにアドバイスをもらいながら、兎をつくっていきます。しかし、とにかく時間がないので難しい!

 

170924_139

一人一人違う、個性的な兎が完成していきます。

 

170924_138

普段、手作業でモノづくりをすることが中々ないので、みなさん楽しんでいました。

 

170924_153

ワークショップ後に、手塚さんがその場で金魚の工程を披露。みんな飴細工の難しさを知った後で、余計に「すごい!」となっていました。

 

170924_062

手塚さんのモノづくりへの考え方を感じるトークショー、そして、実際に手を動かしてみるワークショップまでやれて、盛りだくさんな内容でした。

普段は中々触れることのない世界だったので、とても面白かったです。

 

▼ 手塚さんに興味を持った方は、ぜひお店の方に行ってみてください

2a6de09688f3d0baa477fa8a26ee77be

浅草とソラマチの二店舗あるそうです。詳しくは公式サイトを参照。

http://www.ame-shin.com/

 

 

今回の会場について

170924_188

170924_190

今年の夏にできたばかりの、クリエイターたちが集う原宿の新しいドロップインオフィス「Star Lab. TOKYO」。ここも面白いスペースなので、またブログ記事で詳しく書きたいと思います。

http://star-lab-tokyo.jp/

 

 

次回予告

171021_StarLab_02_flyer

次回は、3Dプリンターの世界で、新しい挑戦をしつづけるインダストリアルデザイナーの横井さんをお招きして開催します。

 

【NEW!】

前売チケットの販売を開始しました。
前回は前売完売だったので、お早めに!

btn_ticket

 

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

04

イベントなんて、辞める理由がたくさんある。

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

 出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact

FEATURE | 2017.8.25

「理屈じゃないこと」を大事にしたい

LINEで最新&お得な情報をお届け!

LINE@で友達追加

 

こんにちは。

パーティークリエイターのアフロマンスです。

01

僕は、人生において「理屈じゃないこと」こそ大事なこと、だと思っています。

今日はその話について書きたいと思います。

 

 

1、大人になると「理屈」で考える

170618_QreatorCampTokyo - 1 / 1

子供の頃は「◯◯が好き!」「△△がやりたい!」「将来は××になりたい!」など、好き勝手に思っていたし、周りにも言っていたと思います。

よほど、社会的に間違ったことでもない限りは、否定もされなかったはず。「将来が楽しみね」って。

 

でも、就職活動や、社会に出ると、

「なんで君はそれをやりたいの?」

「それやったら何になるの?」

「それでいくら稼げるの?」

など、激しいツッコミをくらいます。

 

そして、体のいい理屈を探して、何をやるか考え始めます。

「お金が稼げるいい仕事」

「社会をよくする活動」

「2020年のオリンピックに向けて」etc

根っから本気でそう思っている人もいるし、それは素晴らしいことだと思いますが、本当は心からそう思えてない人もいると思います。

 

自分がやっていることに「理屈」がないと不安だから…

「なぜ?」と聞かれて答えられないのが、バカっぽくて嫌だから…

だから「理屈」が大事。

でも、本当にそうなんでしょうか?

 

 

2、理屈は「理屈じゃないこと」と社会の接点

01

「理屈はないけど、なんか好き!」「なんか楽しい!」「こうなりたい!」逆に「なんかわからないけど、嫌だ!」とか、そういう人が持つ、千差万別の感覚こそ、個性であり、その人らしさだと思います。

だから、何かアクションを起こすときには、うまく説明できない、自分の感覚を大事にしてほしい。

 

でも、「それって独りよがりじゃん」とか「好きなことやっても、世の中が振り向いてくれなかったら不幸になるだけ」という声もあると思います。

そこで「理屈」の登場です。

 

単に「やりたい!」と言い続けるのではなく、「自分のやりたいこと」は相手や社会から見たときにどんないいことがあるのか?

「自分のやりたいこと」で、皆でハッピーになる方法はないのか。

 

自分の中の「理屈じゃないこと」を実現する上で、社会とつなぐ「理屈」が見えてきたとき、世の中から後ろ風が吹いてくると思います。

 

 

3、人の心を動かすのは「理屈」じゃない

02

もっとも大事なことは「理屈じゃないこと」

そして、それを実現するために社会との接点として「理屈」をこしらえる。

これは、やり方を間違えて、何かをやるときの根っこが「理屈」になってしまうと、非常につまらなくなる、ということです。

 

理屈から入ってしまうと、本来、自分がいいと思っていることではなかったりするので、実現したけど「本当にこれが僕のやりたかったことなのか?」となってしまうかもしれません。

 

また、チームや仲間も同じです。

人の心は、理屈だけじゃ動きません。

あなたの中にある「理屈じゃないこと」に共感し、社会と結びつく「理屈」に納得することで、心動かされ、ついていくのです。

 

今、アクションしているけど、何かが引っかかっている人や、頑張っているけど、周りがついてこない人、そういう人は、今一度、自分の中の「理屈じゃないこと」と世の中に伝える「理屈」がどうなっているのか、振り返って見てみるといいかもしれません。

 

世の中にもっとワクワクを。

頑張っていきましょう。

 

アフロマンス

 

 

※近々、サイトを整理しようと思います。見にくくてごめんね!

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2

bunner_lineat5

 

bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature160211_2 bunner_feature160128_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

 アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted

 

FEATURE | 2017.7.29

やりたいことをやってるけど、うまくいかない人へ

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat

 

どうも、パーティークリエイターのアフロマンスです。

01

ただいま、泡フェス広島に向けて移動中。

やらなきゃいけないことはたくさんあるんだけど、思い立ったので久しぶりにブログを書こうと思います。

 

「やりたいことをやっているけど、うまくいかない」

01

今の時代、「やりたいことをやるべき」って声をよく聞きます。

しかし、一方で「それはわかってるけど…うまくいかないんだよ…」って人もたくさんいると思います。

 

「音楽やってるけど、なかなか売れない」

「イベントやってるけど、人が集まらない」

「新しいサービスを広めたいんだけど、なかなか流行らない」

 

僕が思う「じゃあ、どうすればいいか」を書きたいと思います。

 

1、何者でもないことを知る

02

まず最初の心構えとして「自分は何者でもない」ということを知った方がいいと思います。

有名人がパフェと自撮りして沢山「いいね」がついたとして、それをマネても「いいね」はつかない。

同じように有名なアーティストのように「来月ライブするから来てねー!」とツイートしても面識がない人は来ない。

「何者かでありたい」と思う人ほど、まずは自分が「何者でもない」ということに気づくべきです。

SNSを見ていると錯覚してしまいがちですが、世の中はそこまでアナタに興味はありません。たまたま何かの機会に取り上げられたとしても、それは「たまたま」であり、あっという間に忘れ去られるでしょう。

辛辣に聞こえるかもしれませんが、まずは自分の状況をちゃんと理解すること。そこから、前向きに色々な作戦が立てられるようになります。

 

 

2、機会をつくる方法を考える

03

あなたがミュージシャンで、素敵な曲をつくったとしても、聞いてもらえる機会がなければどうしようもないですよね。

それくらい機会(チャンス)というのは大事です。

「わかってるよ!要は売り込めってことでしょ!」

と言う人がいるかもしれません。

売り込む気概のある人の方が見込みがありますが、前述の通り「あなたは何者でもない」ということを思い出しましょう。

相手からして、何者でもない人から「これ聞いてください!」「見てください!」「イベント呼んでください!」と言われても、正直「あなたにフォーカスする理由がない」んです。

 

「あなたを選ぶ理由はなんですか?」

この問いに対し、皆その理由を「自分のやりたいこと」で探します。例えば、アーティストなら「とにかくいい曲つくる!」とか「演奏うまくなる!」とか。間違ってはいませんが、それ以外の選択肢として「やりたいこと」ではなく「できること」を考えてみる方法もあると思っています。(3に続く)

 

 

3、自分が「できること」から「やりたいこと」へ近づける

04

では、どうすればいいのかというと「自分のできることで認めてもらってから、やりたいことの機会(チャンス)をつくる」ということです。

例えば、

・人に好かれる性格なら、とにかくキーマンと仲良くなる。そこからやりたい気持ちを伝えて、機会につなげる。

・真面目な性格なら、必ず即レスする・言ったことは必ず結果を出すなど、信頼を勝ち取る。そこから、機会につなげる。

一般向けにも同じで、自分の得意なところで突き抜けて「自分がやりたいことをやれる環境をつくる」ということもあると思います。

 

「自分はやりたいことだけをやって、上手くなって・いいものつくって、それで認められる!」という声もあると思います。

ただ、僕が経験上思うのは、上手くなったり、いいものつくったりというのは、自分自身の努力に加え「環境が大きく左右する」ということです。

例えば、同じ実力・同じ努力ができる人がいたとして、片方は日夜ひとりで練習をし、もう片方は毎週のように大舞台に出て、トライ&エラーを繰り返す。この2人には1年で大きな差が開きます。

いいアーティストだから大舞台に出るのか、大舞台に出るからいいアーティストになるのか、それは両方あるということです。

アプローチの仕方は色々ある。

まずは、その舞台にいる、ということが大事です。

 

 

4、仲間をつくる

05

うまくいっていない人は、自分ひとりでどうにかしようと思っている人が多い気がします。

ひとりで考えて、ひとりで頑張って、ひとりで悶々としている。

そんな人には、仲間をつくることをオススメします。

 

多様な価値観が認められる時代。
もし、あなたが「これは絶対にやりたい!」と強く想うことがあれば、どこかに必ず共感して、協力してくれる人がいます。

具体的な方法は、
「恥ずかしがらずに、とにかくやりたいことを言いまくる」ことです。

想いを持って、頑張る人は自然と応援したくなるもの。
それは表明しないと伝わらないのです。

 

また、前述のように「自分は相手に対して何をギブできるのか」を考えるのもいいと思います。

別にお金じゃなくていいんです。

例えば、一緒に手伝ってもらったら毎回楽しい体験を提供する、とかでもいいと思います。

どんどん人を巻き込んで、仲間を増やしていきましょう。

 

 

5、そもそも「うまくいかない」とは何か?

06

このブログを見たときに「自分のことだ!」と思った人は多いと思います。

だけど、そもそも「うまくいかない」って何なのか?

 

例えば、「イベントをやっているけど、人が集まらない」

それは単純に、そのイベントがまだその規模の段階ではない、というだけじゃないのでしょうか?別に小さくしてやってもいいと思います。もしかしたら、大きさを維持するために、やりたいことではなくなってしまうかもしれません。

 

例えば、「音楽をやっているけど、曲が売れない」

売れない、という悩みの場合、なんで売らなきゃいけないのかを考えるのもいいと思います。
食っていけない、というなら、そもそも、やりたいことで食っていく必要があるのか?と思います。軌道に乗るまでは、二足のわらじでもいいんじゃないでしょうか?
たくさんの人に聞いてほしい、というなら、別に売らなくてもいいんじゃないでしょうか?無料でもいいじゃないですか。たくさん聞いてもらう機会を得た結果、ファンが増えるかもしれません。

 

「やりたいことをやっているけど、うまくいかない」というのは、そもそも、イベントは沢山人が集まった方が勝ちとか、音楽は沢山売れた方が勝ち、みたいな固定観念に縛られていることもあると思います。

自分がなぜそう思っているのかを考えていくと、実は「うまくいっていない」わけではない、なんてこともあるかもしれません。

 

 

最後に

07

ここまで書いたことは、実は「僕が自分自身に思っていること」です。

僕はもともと、自分がすごいとか、特別だと思ったことはありません。

僕がモデルや超イケメンだったら「そこにいるだけでいい」のかもしれませんが、そうじゃないと思うから、色々考えて、もっと皆が楽しめることはないかなと思ってアクションしているんだと思います。

また、僕は自分のDJも全然スペシャルだと思ってなかったからこそ、イベントをやることでその機会をつくっていたと思うし、共につくる仲間の輪も広がってきたんだと思います。

小さな要素が、大きなうねりになり、今「自分のやりたいことがやれる」環境ができていると思うのです。

もちろん、まだまだ満足はしてませんが。

これからも僕もプレイヤーとして、挑戦者として、頑張っていこうと思います。同じく、何かを成そうとする人の参考になれば幸いです。

 

アフロマンス

 

 

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2

bunner_lineat5

 

bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature160211_2 bunner_feature160128_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

 アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted