bunner_lineat2

 

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

01

今回から「アフロ散歩」という新連載企画をやっていきます。

アフロが面白そうと思ったエリアを、その街に詳しい人に聞きながら一緒に飲み歩いて紹介するという企画です。

 

第一回目は、クラブ好きならば「旧AIRのあたり」といえばわかりやすい、代官山の裏側「裏代官山」を回ります。

ちなみに「裏代官山」は僕が勝手に言っている言葉ではなく、代官山に古くからいる方々の間での言葉だそうです。

 

そんな裏代官山をナビゲートしてくれるのは、ダンサーであり、裏代官山で「BRIGHTON STUDIO DAIKANYAMA」というダンス・ヨガのスタジオをやっている「Miya Broken Sport」です。

10703785_875345242477579_2942669231249986551_n

アフロ周りでいくと、早朝フェスには欠かせない人です!

 

 

待ち合わせ

img_7911

待ち合わせは「代官山 蔦屋」で。

ここはもちろん、裏代官山ではなく、表代官山。

ここから代官山駅とは逆方向に歩いていきます。

 

afrosanpo_uradaikanyama_map

回ったルートをまとめてみました。

右下が代官山駅周辺のいわゆる「表代官山」。
色んなブランドのフラッグショップが立ち並ぶ、オシャレスポットです。

そこを代官山 蔦屋から逆方向に歩いて、鶯谷町の方に入っていきます。

 

img_7914

「ここが裏代官山の入り口です。」

 

 

一軒目「俺のおでん 代官山」

img_7915

Miyaさん曰く「裏代官山なら、ここは外せない」とのことで、まず一軒目は「俺のおでん 代官山」さんにお邪魔しました。

 

img_7919

筋を少し入ったところに、地下に降りる入り口があります。

 

640x640_rect_18574364

「え、これがおでん屋さん!!?」という超オシャレな雰囲気。

大きなカウンターと、半個室の席がありました。今回はMiyaさんとカウンターのカップルシート(笑)に。

 

img_7920

一品目は「鯛わたの塩辛」。
僕がそんなに塩辛得意じゃないんですが、変な癖もなくとっても美味しかったです!

そして奥にあるのは鰤の刺身。カウンターで作ってるときにあまりに美味しそうだったので、注文しようとしたら顔なじみのMiyaさんへのサービスだったというオチ(笑)美味しく頂きました。

 

img_7924

そして、おでん登場!

大根、たまご、焼きとうふ、海老つみれ、生湯葉(Miyaさんオススメ)をいただきました。

あっさりしていて、とっても美味しい!好みで薬味をつけて。

 

img_7927

美味しいおでんと落ち着いたお店の雰囲気でビールが進みます。

Miyaさん曰く「表代官山は、有名なブランドや大きな企業がお店を出して、一般の人がたくさん来る場所で、裏代官山は昔から代官山にいる人たちが飲みに行ったり、楽しむ場所。」とのこと。

 

✅一軒目「俺のおでん 代官山」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13018797/

 

 

二軒目「sake×oyster BAR 石花」

img_7933

そして、二軒目はそのまま道沿いを歩いていくと現れるガラス張りのオシャレなオイスターバー「sake×oyster BAR 石花」さんへ。

 

img_7932

カウンターの入り口にはシズル感満載の新鮮な牡蠣が・・・美味しそう・・・

 

img_7935

生牡蠣も悩んだんですが、この後の流れも考えて、かなり厳選チョイスで。

一品目は「牡蠣のポテトサラダ」

美味しくないわけがない!

 

img_7937

そして2品目は「牡蠣のアヒージョ」

もちろんバケットにつけて。牡蠣の旨味がいっぱい入っていて、とっても美味しかったです。

 

img_7930

また、こちらは日本酒のバリエーションも豊富。牡蠣と日本酒の組み合わせは最高です。

また、Miyaさん情報では、裏代官山近辺の飲食店はだいたい3時くらいまで。ただ、結構気まぐれで、気分で締めちゃったりもするので、確実に入りたい人は事前に連絡をしておく方がいいとのこと。

 

✅ 二軒目「sake×oyster BAR 石花」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13165147/

 

img_7940

お店の方と一緒に記念写真を撮って、三軒目へ移動。

そして、悲劇が・・・

 

 

三軒目「煮込みDining Choi.s(チョイス) 」

img_7942

裏代官山の中で、僕も何度か行ったことがある「煮込みDining Choi’s」さんに向かったのですが、目印の提灯に明かりがない・・・!

ちょうどお店を締めてしまったようです。

Miyaさんも「電話しておけばよかった・・・」と後悔。

 

img_7943

伝票のボードに、泡パと早朝フェスのステッカーも貼っていただいています!!

今度リベンジで行って、またレポートしたいと思います。

 

✅ 三軒目「煮込みDining Choi’s」

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13138268/

 

 

四軒目「雑煮屋鳥居」

image

チョイスを後にし、次に向かった先はMiyaさんのBrighton Studio Daikanyamaが入っているビルの一階「雑煮屋鳥居」さん。

外からも結構目立つお店なので、前々から気になっていたけど初めて入りました。

 

img_7947

時間も遅かったので、ご飯ものは食べずに、バースタイルで。
トマトハイが美味しかったです。

飲んでたら、先ほどの「俺のおでん 代官山」の店長さんも合流し、代官山や飲食周りの話で盛り上がりました。

裏代官山あたりでお店をやっている人たちが店を閉めた後に集合する場所、という感じ。

今度はもう少し早い時間にいって雑煮を食べたいですね。

 

✅ 四軒目「雑煮屋鳥居」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13108820/

 

 

五軒目「天風」

img_7968

最後はやっぱりこのお店、櫻本のおっちゃんがやっているたこ焼き屋さん「天風」

僕もこの裏代官山あたりで遊んだ時にはついつい寄っちゃうお店です。

 

img_7951

壁一面に貼られた名刺やステッカー。(※モザイク処理しています)

ここに来たお客さんの歴史がわかります。僕のかなり古い名刺や、泡パのステッカーが貼ってあります(笑)

 

img_7954

たこ焼きを頼む。

おっちゃん「これ試作品だから100円でええよ!」

安すぎでしょ!と思わず、ツッコミたくなるノリ(通常は500円〜)。

 

img_7967

とにかく狭い。でも、いつも人がいっぱいで、ワイワイしている。

この狭さとおっちゃんのあったかさが、知らない人同士がついつい会話しちゃって仲良くなってしまう秘訣なんでしょう。

本当に意心地のいいお店です。

 

✅ 五軒目「天風」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13169294/

 

 

 

そして、3時ごろお店を出て、帰路へ。

 

 

img_7962

帰り際、Miyaさんと話していて、ちょっと面白いことを言っていました。

「僕は代官山でお店(Brighton Studio Daikanyama)を始めるとき、かなり気が張ってた。代官山って言えばオシャレなところだし、カッコよくないといけないというか・・・。でも、実際にお店を出して、近所と交流するようになると、昔からいる人たちもいっぱいいて、なんて言うか代官山の裏側は下町なんだなと思った。

 

 

代官山の下町、それが裏代官山なのかなと。

美味しいご飯とお酒、そしていい笑顔が溢れる素敵なお店がいっぱいでした。

ぜひ、渋谷〜代官山近辺に遊びに行くときは、遊びに行ってみてください。

 

 

afrosanpo_uradaikanyama_bosyu

 

 

 


bunner_backnobunner_feature150510bunner_feature160206bunner_feature160628

 

bunner_aboutbunner_introductionbunner_schedulebunner_contact

bunner_lineat2

bunner_snsbunner_twitterbunner_facebookbunner_instagrambunner_mailmag