【参考】2015年の「上質な暮らし」ってこういうことかも

http://www.roomie.jp/2015/03/245491/

上記の記事の意識の高さに感銘を受け、アフロなりの「上質の暮らし」を考えてみました。

 

「上質な暮らし」ってなんだろう?

もちろん決まりきった答えはないと思うけど、「自分なりの満足感」を得られるのがポイントなのは間違い無さそう。

特別にお金をかけなくても、自分なりに工夫して、生活のひとつひとつにこだわりをもっていくことで、きっと毎日が変わるはず。

そんな考えに基づいた「上質な暮らし」のひとつの例として、アフロの1日を覗いてみよう!

 

自然に、もっとも近い形で目覚めを。

DSC01231 DSC01235

6時間の睡眠をとるとしたら、それは1日の4分の1は眠っているということ。

だったら睡眠の質には気を配りたい。朝目覚めたときの気分が良ければ、1日の調子が良い気がする。

僕は、寝るときには必ず全裸。

生まれたままの姿で起きることで、毎日のあくびが産声に変わる。

 

朝起きたら、まずは水道水。

DSC01238 DSC01270

朝起きて、最初に口にするもので、その日の1日が決まると言っても過言ではない。

ナチュラルを追求した結果、僕がたどり着いたのは「水」だ。
その中でも、回り回って辿り着いたのが「水道水」。

大切な存在は、もっとも身近なところにいるもの。

灯台下暗しとはこのことだ。

 

下着を選び、1日の気分を変える。

DSC01257 DSC01259

部屋の中でパンツ一枚の僕にとって、下着=部屋着だ。

それだけで、どれだけ大事な選択なのかわかるだろう。

部屋着と言えど、突然の来訪も考えると気は抜けない。

お気に入りはピンクの「ヴィヴィアン・ウエストウッドのパンツ」。

どこから見られても死角なしの安心パンツだ。

DSC01260

「今、見てたでしょ?」

 

ネットを使って音をディグる。

DSC01272 DSC01274

頭が冴えている午前中に、大好きな音楽をディグる。

DJは、僕にとってライフスタイルだから。

おすすめサイトは、YOUTUBEという動画アップロードサイトだ。

ここなら好きなアーティストの音楽をPV付きで楽しめる。

YOUTUBEは無料だけど、欲しくなったらiTunesというサービスで楽曲を購入するのがオススメだ。

 

お気に入りのファッションで徘徊。

DSC01245

家にずっといても、世の中の空気は吸えない。

だから、一日に一回は外を徘徊するようにしている。

さすがにパンツ一丁で外に行くわけにはいかないので、お気に入りのウェアを着る。

ハイブランドの服に身を包むのではなく、自分がいいと思ったものを安くで購入する。これがアフロ流だ。

写真の服は、千葉のお土産屋さんに行った時に出会ったギア。

上下セットで500円だった。

DSC01241 DSC01249

「お、いいセブンイレブン」

 

息抜きに、ランチを公園で。

DSC01250 DSC01255

最近ハマっているのが、ブラックサンダーアイス。

ブラックサンダーというと義理チョコのイメージがあるけど、これは本命。

さんざんコンビニアイスを食べた結果、チョコアイスとしては最強だ。

人の少ない公園で、一人でブラックサンダー。

なかなかオツなので、是非試してみてほしい。

 

・・・

以上、アフロが提案する2015年の「上質な暮らし」の一例はいかがでしたでしょうか?

何一つ特別なことはしていない、でも少し気持ち良い、そんな一日の参考になれば幸いです。

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス