FEATURE | 2015.12.31

大晦日に、2015年のアフロマンス活動を時系列に振り返ってみました。

こんばんは。

今年も残すところ後1時間となりました。

個人的に、色んなことがあった2015年。

月別で、印象に残ったことをまとめてみました。

 

1月

gantanfes-79

gantanfes-155

gantanfes-177

1/1 元旦フェス初開催!

「世界一早い野外フェス」と銘打ち、あえてカウントダウン等ではなく、元旦の朝6時半からスタートするフェスを開催。

ラインナップもかなり力を入れたことで音好きのお客さんが多数集まってくれて、とっても盛り上がりました。ただ、ひたすら寒かった…。2016年は一回お休みしますが、色んな所から「やらないと?」と言ってもらえたりするので、2017年には是非またやりたいフェスの一つです。

また、地味に1月は「ノーパンツデー」の日本ローンチや、1/26 アフロの日を記念した「アフロモブ」など、盛り沢山なスタートでしたが、一番はやっぱりこれでした。

 

2月

IMG_5195-973x649

 

02-1024x683

05-1024x683

2/18 早朝フェス 2015 スタート!

2月と寒い時期にも関わらず、平日の朝6時半から集まれという、どエスなイベント、それが早朝フェス(笑) 2015年のスタートが、この2月の回でした(この頃は、秋葉原の3331なんですね。懐かしい)。アイドルグループのねぎっことコラボして、ライブをやったり、ねぎ入り味噌汁を配ったりで大盛り上がりの回でした。

早朝フェスはこのあと、11月まで地味に10ヶ月連続・毎月開催を行なっていきました。すごいことですよね。(早朝フェス関係者の皆さん、お疲れ様です!)

2016年は、ロンドンの早朝フェスで見てきたエッセンスを入れて、もっとパワーアップした早朝フェスにしていきたいと思います。

 

3月

IMG_5764-1024x682

11026157_1603626456541698_1226881818027742126_o

11060894_1603625269875150_3405490984700688029_o

3/7 泡パで、アフロマンス・バースデー・バッシュ!

泡パのシーズンスタートとなった3月。一発目は私アフロマンスの誕生日祝いでした(どんだけ内輪ネタやねん!)。そんなネタでも泡パ2015のスタート、約700人ほどのお客さんが集まり、フロアは熱狂の渦へ。

サプライズで、僕のDJ中に顔面ケーキ!MCが「アフロマンス・バースデー!」と煽る!フロアも盛り上がる!

超嬉しいんですが、ふと、ステージから見て、知ってる顔がほとんどいなかったときに、これで本当に合ってるのか?というのは思いました(笑)

この後、泡パ@渋谷clubasiaは10月まで8ヶ月間・毎月開催していきました。

 

4月

11121795_850124618413301_388493719996743526_o

11136221_850124605079969_6990186167892058062_o

11052413_850124751746621_5779522739723848478_o

4/11-12 バブルラン初開催!

カラーランやエレクトリックランなど、近頃流行りの「走りよりも楽しむこと」を目的としたファンラン系イベントの泡版。話題になるとは思っていましたが、その想像をはるかに越えていました。

純粋に、1万人規模のイベントに携わることができて、本当にいい経験になったなと思っています。また、自身が泡パをずっとやってきて、こんな大きなうねりになることに感動しました。お誘い頂いたスポーツワンさんに感謝です。(※現在は私はバブルランから離れています)

2016年は、改めてファンラン系のイベントにも携わってみたいと思っています。

 

5月

11906803_1663987390505604_3251216086321663526_o

11048271_1663987443838932_7284206801377780216_o

11921896_1663987843838892_3113606810557215575_o
5/1 IBIZA Amnesiaとのコラボレーション・泡パ開催!

泡パーティーの発祥地、地中海の楽園・イビサ島のクラブ「Amnesia(アムネシア)」とのコラボパーティーとして泡パを開催しました。AmnesiaのレジデントDJ Les Schmitzが来日し、東京以外も、京都や名古屋もツアーとして回って一緒にDJしたのもいい思い出です。

Lesからは「早くイビサに来てDJしなよ」と言ってもらっているので、2016年は日本でのコラボはもちろんのこと、イビサに行ってafromanceとしてDJしたいと思っています。

 

6月

stc0607-110

stc0607-3

stc0607-279

6/6-7 Slide the City 日本初開催!

2015年、もっとも大変だったイベントは、間違いなくコイツです。街中を巨大スライダーで滑る、究極のストリートパーティー「Slide the City」!何が大変だったかを書いたらそれだけで一記事書けちゃうので、詳しくは書きませんが、本当にたくさん勉強になりました。

ただ、僕の中のイベントスケールをまた一つ変えたイベントでもありました。やってやれないことなんてないんだな、と。2015年は5回開催し、計3万人ほどが参加しました。

2016年も、もちろん、パワーアップして開催していきます!!

 

7月

151105-097

151105-152

151105-123

7/1 Afro&Co. Inc.として会社員から独立。

7月は夏初めということもあり、Slide the Cityや泡パークなど、たくさんのイベントがあったのですが、僕個人のイベントとしてもっとも大きかったのは「独立」でした。

これまでは会社員をやりながら、空いている時間を使って色んなプロジェクトを仕掛けてきましたが、それを生業にしていくということ。

また、10月からはZAKIYAMAくんも入社し、早々に3人の社員、2人のインターンを抱えることになりました。責任は感じていますが、こんなアフロについてきてくれるメンバーに本当に感謝しています。

2016年、Afro&Co.はもっともっと楽しいことを世の中に提供していきます。頑張ります。(写真は11月のAfro&Co. 創立パーティーより)

 

8月

DSC2960-973x649

DSD5543

DSD5665

8/22-23 泡フェスOSAKA初開催!

泡パの野外フェス版、泡フェス。実は2012年の泡パを初めて最初の年からやっていたイベントなのですが、2015年にきて、事業パートナー様のご協力もあり、一気に規模やクオリティがアップしました。

2日間で約8000名が参加。正直、こんな大きなステージ、観衆の前でやっていいのか、と。個人的に、2015年のベストイベントかもしれません。

来年は、今年開催した大阪・広島だけでなく、全国にもその範囲を広げていきたいと思っています。

 

9月

12031633_958511700857983_1667877095670168925_o

12002493_958511740857979_3767345181706973985_o

11227929_958511487524671_7225436757547945589_o

9/19-22 バーニングジャパンを岩船山で初開催!

9月も数多くのイベントがあったのですが、一番思い出深いのはバーニングジャパンかなと思います。

バーニングジャパンは、アメリカの砂漠で開催されるバーニングマンの日本リージョナル版として開催されているイベントです。お金による取引ではなく、お互いのギブ&ギブによって成り立つ社会。それぞれの参加者が思い思いの表現を行い、それを暖かく受け入れる。

今年、一番感動したことは、僕があまり手伝わなかったこと(笑) でも、過去最高にいい雰囲気の場ができていたこと。こういうことを言うと怒られるかもしれませんが、代表の僕がたまに顔出すくらいでうまくいくイベントってそれ自体が「生きてる」ってことだと思うのです。

バーニングジャパンは、僕が死んでも続く。こんな幸せなことはない。

来年も、ほどよく、彼の成長を見ていこうと思います。

 

10月

12189437_974834195892400_7941707881591912650_o

12187995_974837102558776_7929783131881811967_o

12186820_974834059225747_4013367050627447655_o
10/24 エレクトリカル・ハロウィン by LBのプロデュース

独立後、ちゃんと企画から実施まで行った企業イベントです(もちろん、独立前はたくさんやってますけどね)。コスメブランドのLBさん主催で、そのエッジの効いたブランドに合うように、攻めな感じのハロウィンイベントを提案しました。それが「エレクトリカル・ハロウィン」略してエレハロです。

会場ももちろんかなりエレクトリックなのですが、大事なことは参加者が自主的に仮装にプラスオンで光るアイテムを組み合わせること。光ることって根源的な楽しさがあるなと思っています。

2016年、エレクトリック周りでの事業拡大もやりたいなと思っています。

 

11月

151103-071

151103-014

151103-040

11/3 レコードの日を記念したイベント「レコラボ」の開催

こちらも東洋化成さんというレコードプレスメーカーさんからの依頼で企画したイベントです。

11/3のレコードの日に合わせて、普段あまりレコードと関わりがない人にもレコードに関心を持って欲しい、ということで、レコードの遊び方を実験的に行うレコードラボラトリー略してレコラボを開催しました。

参加者は自身のレコードを持ち寄り、その場でDJが即興でプレイしてくれたり、音をサンプリングして新しい曲をつくったり。なぜか、ゲストDJのDJ オショウさんは寿司を乗せてDJしたり…(笑)

でも、今年一番音楽の楽しさを再認識したイベントでした。また是非やりたいと思っています。

 

12月

151229_130

151229_156

151229_043

 

12/28 マグロ解体ショーとハウスミュージックのコラボ、マグロハウス!

年の瀬に、いつもお世話になっている渋谷clubasiaさんからの依頼で企画しました。普通のイベントをやってもおもしろくないし、かといって年末ってイベントも乱立しているし、意外と難しいタイミング…

そんな中で、純粋に「自分の好きな音がやりたいな」ってことと、「おいしいもの食べたいな」ってのが組み合わさってマグロハウスができました。もともと、新鮮な魚介類と洗練されたハウスミュージックは合うんじゃないか、と思っていたので、絶好の機会だなと。

やってみたら、予想以上のバズでびっくりしました。(なんでバズったのか、というのは地味に研究しているので、そういう記事も改めて書きたいと思います)。

2016年は、是非「寿司ハウス」がやりたいですね(コラボしてくださるお寿司屋さん、お待ちしています!)

 

・・・・・

 

ということで、1年を振り返ってみました。

結構、時間かかりました(笑)

いやぁ、やっぱり色々あったなぁ。

 

でも、

本当にたくさんの方のご協力あってのことです。

本当に、本当にありがとうございます。

 

来年、もっともっと面白いことを世の中に提供していきたいと思います。

懲りずに、2016年も、アフロに絡んでもらえると幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

2015年末日

アフロマンス

FEATURE | 2018.1.6

アフロ、本気出します

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat

 

泡ましておめでとうございます。

パーティークリエイターのアフロマンスです。

01

※ジョーク画像です。残念ながらマーロとは無関係です。

 

年末年始、いろいろと考えを整理したので、2018年のアフロマンスの活動の方針としてお話したいと思います。(ちょっと長いかもです)

 

 

1、2017年は色々やった年

170618_QreatorCampTokyo - 1 / 1

ちょうど1年前に書いた2017年の抱負的な記事で掲げていたテーマは

「広げる×深める 2017」

でした。

 

で、実際どうだったかと振り返ると、細かいことはさておき、この言葉の通り、広げて、深める年だったと思っています。

 

イベントは、泡パ以外にも、SONYさんとコラボした「低音卓球」、モンストとコラボした「モンスラ」や、ホストクラブとコラボした「マグロハウス愛本店」など、幅広く展開できました。

また、イベント以外にも、ゲストDJとしての出演もかなり増え、コメンテーターとしての出演や、トークイベントの出演、TVや雑誌のインタビューなど、多岐に渡りました。

また、深めるという部分でも、人とのつながりを重視し、コミュニティをつくることにチャレンジするなど、一定の成果を得られたと思っています。

 

ある意味、2017年の初心通りに動いた1年だったなと思っています。

 

その上で、今思うことは、

「絞る 2018」

です。

 

アフロマンスは、新しい局面に移ります。

 

 

2、僕の役割は何なのか?

01

正直、仕事はいっぱいありますし、自分のやりたいこと・好きなことをそれなりのペースでやれていて、幸せものです。

 

ただ、僕はもっとチャレンジしたい。

僕にできることは何なのか?を考えたときに、これまではひたすら好きなことを全方位にやっていたけど、それをもっと絞っていくべきだと思いました。

時間も、人生も、チャンスも有限だからです。

 

 

アフロは2018年、

エンターテイメントで、新たなムーブメントをつくっていく

活動に注力していきます。

 

 

泡パによって、クラブに行かない人が行くようになったり、低音卓球によって、卓球に興味のない人がラケットを持ったように、世の中の様々なシーンに対して、新たなムーブメントを起こし、シーンを活性化させ、社会をよりハッピーにしていくという試みを、活動の根幹にします。

 

会社のキャッチコピーである「世の中に、もっとワクワクを。」は変わりません。

ただ、イベントをつくる会社ではなく

おもしろ企画を考える会社ではなく

マーケティングの会社ではなく

新しいムーブメントをつくる会社であり、クリエイター

として活動していきます。

それがやれるのは、今、日本でウチだけだと思っています。

 

 

3、ムーブメントは一人では起こせない

150920-22-418

泡パが何故流行ったかというと、全国各地で真似されたからです。

とても僕一人でやれない量の、たくさんの泡パーティーが全国で登場しました。

でも、それがムーブメントということだと思うのです。

 

僕の活動によって、今まで興味のなかった人たちが興味を持ち、今まで無かった楽しみが増えて、社会は少しだけよくなる

それが、パーティークリエイターです。

 

じゃあ、僕だけじゃなくて、もっと多くの人がパーティークリエイターになったらどうなるんだろう。

アフロマンスが100人いたら、世の中、さらに面白くなるんじゃないのか。

幸せの総量が増えるんじゃないのか。

 

アフロは2018年、

パーティークリエイターの大学

パーティーアカデミー

を立ち上げます。

 

そこで、5年以内にアフロマンスを100人つくります。

アカデミー以外でも、このブログや、SNSで積極的に、僕の知見やノウハウ、考えなどをシェアしていきます。

僕は、皆でムーブメントを起こしたいのです。

 

 

4、日本初のムーブメントを海外へ

11906803_1663987390505604_3251216086321663526_o

「今度はアフロが考えたことを世界で流行らそう。待ってるよ。」

周りの友人はもちろん、海外でつながっているオーガナイザーやプロモーターも、みんな言っていたのに、ずっと横において、見て見ぬふりをしていました。

絶対大変だし、そんなことできるかわからないから。

 

でも、もう見ないふりは辞めにします。

やりたいし、今の自分ならやれると思っています。

 

アフロは2018年から

日本初のエンターテイメント・ムーブメントを世界に展開します。

世界に通用する新たな一大フェスをつくります。

 

いきなり、大きなお金をかけたパワープレイはやりません。

本当のムーブメントは、0→100で起こるものではないことを痛いほど知っているからです。

小さい火から、巨大な炎にすることが大事なのです。

これに5年かけ、必ず成功させます。

 

 

5、だから、2018年は絞ります

_DSC6394

新しいムーブメントを仕掛け、これまでよりも大きなチャレンジをしていく。

そして、そのプレイヤーをつくっていくことに注力していきます。

 

なので、2017年までやっていたこと、受けていたことを辞めることも多くなると思います。

DJ出演は失くしませんが、大幅に減らします。

メディア露出は、時間と内容を加味して、取捨選択します。

その他、諸々の活動についても、活動の根幹と照らし合わせて判断します。

「やりたいことはやる」は、僕の人生の精神なので、趣味としてやることが増えるかもです。

 

とにもかくにも

アフロ、本気出します。

2018年もよろしくお願いします。

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

オススメの記事をチェック!

03

やりたいことをやっているけど、うまくいかない人へ

02

ブッキングが集中する人、しない人

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

FEATURE | 2017.11.20

やりたいことがわからない人は、何から始めればいいのか

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんばんは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

02

最近、ハタチ〜20代前半くらいの若い人たちから「一度会ってほしい」「少しでいいので、話をする時間を頂きたい」といった問い合わせをちょくちょくもらいます。

そして、話を聞いていくと「人の笑顔が好きです」とか「人と人をつなげたい」といった概念的な話は出るんですが、具体的に何をやりたいのかハッキリしない人が多い。

要は「好き・嫌い」はあるんだけど、自分という人間が「何をやりたいのか」はまだ明確にわからない、という感じ。

 

 

そんな「何かやりたい」

けど「何がやりたいのかわからない」

という人は、一体「何から始めればいいのか」

 

 

まず、結論から言いましょう。

「今、この瞬間に興味のあることをやり始めてください」

昨日でも、明日でもなく、今です。

 

理由は、明日になれば、また明日と言う。

そうやって先延ばしにしてきたことを、今すぐ始めましょう。

本当にこれでいいのかな?

それでいいんです。

 

その理由をいくつか書きたいと思います。

 

 

1、本当にやりたいことなんて、やり続けないとわからない

150920-22-418

強烈に興味のあること、生涯やり通せるくらい好きなこと。

そんなことじゃないと、やる意味がないんじゃないか、と思っていることが多い。

 

そんな、、やる前から死ぬほど好きだなんて思える訳がない。

それって、会話もろくにしたことがない異性なのに、見た瞬間に電気が走って、生涯愛することを誓うくらい、無い話です。

※逆に、それくらい思い込みが激しい人は幸せだとも思うけど

 

大多数の人は、デートや会話をして、なんだったら修羅場もくぐり抜けて、一生一緒にいるのはコイツしかいないって確信する訳です。

同じように、自分が情熱をかけてやりたいことも、やり続けないとわからないんです。

 

やっていく中で、思っていたことと違うことも沢山あります。

思っていたより辛い、もう辞めたい。

思っていたより楽しい、やりがいがある、好きだ。

やりたいことの「確信」は、やり続けて磨いていくものなんです。

だから、今すぐやった方がいい。

 

 

2、やりたいことなんて、常に変化する

150920-22-430

「何がやりたいかわからない」という人は、「自分が人生でやりたいこと」は、何か一つに決めて、それを貫くべきだ、という謎のプレッシャーを持っていることが多い。

スポーツ選手や、天才と言われる人たちの「幼少期から◯◯に没頭し、、」みたいな話を聞いて、焦っているのかもしれない。

 

ハッキリ言おう。

やりたいことなんて変わって当然です。

時代は変化するし、環境も変化するし、何より自分自身も変化する。

進化する。

 

昔、面白いと思っていたことが、そこまで面白いと思えなくなるかもしれないし、何か目標があったとしても新たな目標が生まれたりするし、自分に才能はないと見限ってしまう場合もあるかもしれない。

それでも、そこまで自分が興味が湧いて、好きになって、頑張った時間は無駄にはならない。

それを探し回っている時間の方がはるかに無駄だ。

だから、今すぐやった方がいい。

 

 

3、やりたいことで、成功や失敗を気にしすぎてはいけない

160702awapa_223

やりたいことをやれたら、それだけで幸せだと思わないですか?

あまり言うと、向上心がない、みたいに取られそうだけど、それはまた別の話。もちろん、やりたいことでいい結果を残したい、いいモノをつくりたい、お金を稼ぎたい、それは常にあって然るべきだと思います。

ただ、成功や失敗を気にしすぎて、そもそも最初の一歩を踏み出せない人が多い

 

まだ何もやっていない人に限って「成功のコツ」を聞きたがります。

その成功って何?

人気を集めること?お金を稼いでること?雑誌の表紙を飾っていること?

そんなの、結果論でしかないんです。

 

それぞれの人が、やりたいことを突き詰めていき、失敗を重ね、磨き上げたものの結果です。

その話を聞いて真似したところで、ほとんど意味はないです。

本当に大事なことは、自分の中からしか生まれないんです。

自分の経験の中からしか、生まれないんです。

だから、今すぐやった方がいい。

 

 

 

最近は、トークイベントにも呼ばれることが多くなって、1時間くらい色んな話をしたりするけど、必ず最後にこれを言うようにしています。

=====

長い時間、ご静聴ありがとうございました。

ここで一つ、

「本当の学びとは、経験からしか得られない。」

これは、アフロマンスの残した名言なんですが(笑)

本当にそうだと思います。

ここで話を聞いて納得して終わっては、何の意味もないのです。

行動すること。

形にすること。

今日話したことが、少しでもヒントになれば幸いです。
=====

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

(以下、同文)

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

03

やりたいことをやっているけど、うまくいかない人へ

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

  

出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact

FEATURE | 2017.10.15

人をまきこむキーワード「社会的エゴイスティック」

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんばんは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

02

「どうやったら自分の活動に人をまきこんでいけるのか?」といったことを聞かれることがあります。

また「スキルは素晴らしいのに、なぜかイマイチ売れない人」とか「有名な割に、ファンが増えない人」とか、なんか惜しいな〜という人を見ることも多いですよね。

 

これらを考えていて、人がまきこまれる一つのキーワードを思いつきました。

社会的エゴイスティック

です。

 

「〜的」とか「〜ティック」とかが二連続でついていて、アホっぽいですが、僕の中では一番わかりやすいかなと。

では、どういう考え方か、簡単に説明したいと思います。

 

 

1、社会的エゴイスティックとは?

151229_141

言葉の通りなのですが、

人を巻き込んでいくためには「社会性」と「エゴ」の2つの側面を持つことが重要、ということです。

 

02

 

例えば、あるミュージシャンがいたとしましょう。


彼は、音楽がとても好きで、人前で演奏して歌いたい、という強い感情を持っていました。これは、いい悪いなく「エゴ」です。自分が理屈抜きにただやりたい、という感情。

そこでライブ会場を借り、必要経費を払うために頑張って友達を誘います。

最初は、目新しさもあるので、会場は埋まりますが、続けていく中で集客が辛くなってきます。リピーターが増えないのです。歌が下手かと言えば、むしろ上手い方。努力もしてます。でも、増えない。


 

ここに「社会性」という視点を足すとどうなるのか。


毎日、駅前の路上で歌うことにしました。時間帯は、サラリーマンの帰宅タイミングです。彼の歌のコンセプトともマッチし、多くの疲れたサラリーマンの心を癒し、徐々に応援する人が増えていきました。


 

いかにもな例を書きましたが、要は

エゴ ・・・自分が理屈抜きにやりたいこと

社会性 ・・・世の中や誰かに何かしらの影響を及ぼすこと

です。

 

上記の逆パターンもあります。


恵まれない子供を救うために募金活動を行うことにした。いいことだと思うので、周りの友達を誘うのだが、なかなか協力してくれる人がいない。


これは「社会性」はあるのですが、逆に「エゴ」が足りないのです。

ここにエゴを足すと、


私は、お祭りが好きだ!

じゃあ、子供たちを集めて、お祭りを開こう!

お金を渡すだけが支援じゃない気もするし、楽しいことをしよう。そこでの利益を募金に当ててもいいわけだし、何よりもやりたい!


となると、これまで「募金活動」だと参加しなかった人も「お祭り」だったら参加したりする訳です。

 

2、意識的か、無意識かは関係ない

IMG_8642

「じゃあ、みんな意識して両方やってるの?」と言われると、答えは「意識している人も、無意識な人もいる」です。

 

この「社会的エゴイステッィク」の難しいところは、

エゴ ・・・本当に心からやりたいのか?

社会性 ・・・本当に影響を与えているのか?

が重要になっていきます。

 

例えば「お笑い芸人のコントを見て、腹の底から笑って、明日から頑張る元気をもらった」とします。

これは芸人側が、その人を元気づけるつもりでコントをやっていたかはあまり関係ない、ということです。著名な人は、知らない内にいろんな人に影響を与えている、というのはよくあることです。

 

逆を言えば、自覚的にやっても「本当」でなければ、人はまきこまれないということです。

・路上で歌って人気になっている歌手を見て、真似してやってみる

・寄付制のあるお祭りが流行っているので、うちもやってみよう

それが、アナタのやっていることや、自身の心とマッチしていればいいと思いますが、手法だけ真似しても上手くいかない、ということも多々あります。

 

 

3、じゃあ、どうすればいいのか?

150920-22-278

まず、自分の中の「エゴ」と「社会性」のバランスを考えてみましょう。

 

05

【エゴ寄り】やりたいことをやっているけど、人がついてこない人

自分のやりたいことや、やっていることで、人にどうポジティブに影響を与えられるのかを考えましょう。簡単に言えば、自分の持っているもので、人が喜んでくれたり、ハッピーになることを考えることです。

例えば、スキルや経験が高い人であれば、求めている人に教えてあげたりするのもいいでしょうし、自分の活動自体を、もっと人が喜んでくれるようにカスタマイズすることもできるでしょう。

ここで、ブランディングが・・・とか、それって得するのか?とか考えて止まってしまうなら、正直変われないと思います。もし今、上手くいっていないなら、早く考えを改め、行動することです。

 

06

【社会寄り】人や社会にいいことをしているけど、人がついてこない人

人は、理屈で動きません。心で動くのです。

いくら社会や人にいいことでも、理屈としては理解できても、そこだけではなかなか人は動かないものです。

また、良いことをしようとしている人が辛い思いをしては、元も子もないですよね。

だから、理屈抜きに、好きなことを思い浮かべてみましょう。

さっきは祭りと書きましたが、例えばご飯が好きならご飯を通して、世の中にメッセージを伝えることができるかもしれないし、写真が好きなら、写真を通してもできるかもしれない。

「好きなことがわからない」という人は、経験値が不足しています。何かが好きという気持ちは、経験からしか生まれません。いろんな仕事や活動、場を体験してみましょう。

 

 

どうだったでしょうか?

ふと思いついたことなので、整合性とか取れてないかもしれませんが笑

 

僕自身も好きなことをやりながら、世の中の誰かに、ポジティブな影響が与えられればいいなと思っています。

 

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

03

やりたいことをやっているけど、うまくいかない人へ

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

 

 出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact

FEATURE | 2017.10.4

イベントに企業スポンサーをつける方法

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんばんは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

02

今日は、タイトルの通り、イベントに企業のスポンサー(協賛)をつける方法を書きたいと思います。

 

経緯としては、イベント主催者に「企業によくスポンサードしてもらってますよね。」と言われるので、「じゃあ。どんな風にアプローチしているの?」と資料を見せてもらうと「あ〜これじゃ厳しいなー」と思うことがほとんどなので、僕のやり方を伝えるのは有益なのかも、と思った次第です。

また「スポンサーがついてくれるからこそできること」もあるので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

 

本論に入る前に…

アフロの事例紹介

01

「そもそも、教わるほどのヤツなのか?」と思っている人もいると思うので、簡単にスポンサードしてもらった事例を紹介します。

 

Slide the City × スプライト

10

150816_074

街中を巨大なウォータースライダーで滑る「Slide the City(スライドザシティ)」に、スプライトにメインスポンサーで協賛頂きました。

スプラッシュな爽快感との相性が抜群で、実施したイベントの様子を撮影したTV CMも話題になりました。

 

The Lantern Fest × PERRIER

09

02

スカイランタンをあげる絶景フェス「The Lantern Fest(ランタンフェスト)」に、ペリエにメインスポンサーで協賛頂きました。

ローンチ前から一緒にタッグを組ませてもらい、イベントの記者発表会も一緒にやらせてもらいました。

 

上記以外にも、色々な形で「自分のやりたいイベント」と「企業のニーズ」をつなげて、スポンサードして頂いています。

ちなみに、コネとか、企業の人と仲良い、とかは全然ないです。むしろ仲良くなりたい(笑)

 

 

それでは、アフロが思う「企業スポンサーをつけるには、こうした方がいいよー」について、大きく3つのポイントをあげてみました。

 

 

1)「イベント=集客数」という視点を捨てる

03

企業と付き合う上で、とても大事な考え方です。

多くのイベント主催者に、イベントの紹介資料を見せてもらうと、書いてあるのは結局「集客」の話です。これまでの実績や、次回目標で何人来るのか?ということ。

企業のマーケティングの視点に立ったとき、WEB広告やTV CMなどに比べると、リアルイベントはどう考えてもアプローチできる人数が割高になります。

イベントで1000人集めたらすごいと思うかもしれませんが、大企業から見れば「たった1000人にしかアプローチできない」なのです。

だから、その数字で戦うことはオススメしません。

 

では、どうすればいいかと言うと、色々ありますが例えば・・・

 

・SNSやメディアでの広がりを数値化する

04

1000人で割高でも、1000人がSNSに投稿すれば10万人に届くことも難しくはありません。逆を言えば、イベントの設計や拡散力次第で、100人のイベントの方がマーケティング的に価値がある、ということも可能です。

集客数に加えて、イベントとSNSとの連携を強めること、そして、その広がりを数値化すること。Googleで検索すれば、簡単にハッシュタグ単位で投稿数やリーチ数を調べたり、同時につぶやかれているキーワードを抽出するサービスが見つかります(当たり前ですが、イベントのハッシュタグを設定&認知させることも大事です)

また、メディアに取り上げられるという視点も有効です。メディアに掲載された量を広告換算という形で数値化することができます。こちらは一般の人が簡単に、とは言えないのですが、またリクエストがあれば別の機会で「メディアに取り上げられる方法」も書きたいと思います。

 

・「量」ではなく「質」で戦う

07

前述したように、イベントはマーケティング的に、単純な「量」で採用することは難しい。

そこで「質」で勝負するのは、有効な手段です。

これは別に、参加者の質がいいとか悪いとかいう話ではなく、属性のマッチングの話です。

例えば、ただ1000人の人が集まっているイベントと、美容や健康に関心が高い20〜30代女性が100人集まっているイベントでは、企業から見ても価値が全然違うし、後者の方がスポンサードされる可能性が高いです。

ほとんどの企業は、商品やブランドに「ターゲット」を設定しています。そのターゲットとマッチするのであれば、WEB広告よりも確実にアプローチができる可能性が高いし、何より実際にターゲットが集まっている場はかなり貴重です。

なので、自分のイベントは、どういう人たちが集まっているのか、そして、その人たちとマッチングする企業はどこなのか、と考えていくと、確度も自ずと上がってくると思います。

 

 

2、「とにかく載せる」という視点を捨てる

06

これも色んなイベントの資料を見ていて感じたことですが、何を載せていいかわからないから、とにかく色んな情報を載せていることが多いです。

見る担当者が、そのイベントの大ファンとかであればいいのかもしれませんが、数ある選択肢のうちの一つだった場合は、できるだけ簡潔に、知りたい情報にアクセスしてもらうことが大事です。

中には、まだ少ない公式アカウントのフォロアー数を載せたりとか、逆に「大丈夫かな?」と不安になってしまうことも・・・

 

「じゃあ、何を載せればいいの?」

と言われると、イベントや相手の企業によって変わってくるのですが、シンプルに言えば「私(企業)が、あなた(イベント)にスポンサードする理由が何なのか?」です。

例えば

・企業やブランドと、イベントのコンセプトが非常に親和性が高い

・企業やブランドのターゲットと、イベントの参加者層が非常に近い

・SNSの拡散やメディア露出まで含めると、費用対効果に見合う

など。

 

それ以外は、ほぼ要らないですし、上記の理由があれば、聞かれてから用意するなり、答えるなりすればいいことです。

基本は、できるだけシンプルにして伝わりやすくすること、が大事です。

 

 

3、「一緒につくる」という視点を持つ

08

不思議だなーと思うのは、イベント主催者の多くは「協賛が欲しい」と言っている割に、ついたらついたで「面倒くさい」とボヤいている人が多いことです。

もしかして「スポンサー」=「なんかお金もらえる」と思っているんでしょうか?だとしたら、大間違いです。

企業は、何か目的があって、あなたのイベントにお金を出しているのです。

新しい商品のPRかもしれないし、ターゲットの近いお客さんに体験して欲しいのかもしれない。その時に、頂いた協賛費用分の効果があるように設計することは最低限だと思わないとダメです。

 

「お金もらったらから我慢しないとダメか・・・」というと、そういうことでもないと思います。

イベント主催側は「よりよいイベントにしたい」、企業側は「マーケティングの目標を達成したい」、その双方を叶えるように「一緒につくろう!」という視点が大事です。

そういう意味で、イベントの紹介資料や協賛メニューは、入り口のドアノックでしかないと思った方がいいです。協賛が決まってからも、お互いにとってハッピーな企画になるように試行錯誤することが大事です。

 

ここが上手くできると、イベントもスポンサーも仲間になって「スポンサーがいるからこそつくれるもの」ができると思います。

 

 

と、パッと思いついたポイントを3つあげてみました。

もちろん、色んなケースがあるので、ここには書ききれないこともあるのですが、今日は一旦この辺りで。

また、反響があれば、またスポンサーや企業との付き合い方の視点を書きたいと思います。

 

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

01

「なぜマグロハウスはバズったのか?」SNS時代に話題になるイベント設計のポイント

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

 

 出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact

FEATURE | 2017.9.28

世界で活躍する飴細工師・手塚新理から知る「モノづくり」の真髄

LINEで最新&お得な情報をお届け!

btn_lineat2

bunner_schedule2


こんにちは。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

01

先日、日本随一の技術力を誇り、世界で活躍する飴細工師「手塚 新理」さんをお呼びして、人々を魅了する「モノづくり」をテーマにしたトーク&ワークショップイベントを開催しました。

 

170924_StarLab_01_Keyvisual_2

※キービジュアルに使わせてもらっているのが手塚さん制作の飴細工です

 

前半のトークセッションの中で、いくつか面白い視点をもらったので、せっかくなので記事としてまとめたいと思います。

 

⬇︎ ちなみに手塚さんについて知らない人はこちらを参照ください

 

1、価値を創造することがモノづくり

170924_042

「なぜ今モノづくりなのか?」

僕がこのイベントをやることになって、真っ先に出たキーワードです。

デジタル全盛の時代、PCやスマホでコンテンツをつくれるのに、わざわざ手作業でリアルなモノをつくる、そのモチベーションは何なのか?

また、僕は今まで形のない「体験」をつくってきたので、モノをつくる人の気持ちに興味があった、というのもあります。

 

ところが返ってきた答えは意外なものでした。

「アフロさんがやっていることもモノづくりだと思いますよ。」

 

僕は一瞬、きょとんとしてしまったのですが、手塚さんはこう続けました。

「”モノづくり”と言っても、何か形あるものをつくる”作業”が、モノづくりではない。価値あるものを創り出すことが”モノづくり”。だから、アフロさんのやっている活動も、モノづくりだと思います。」

 

この視点は、手塚さんが活躍している理由のひとつだと思いました。

モノづくりというと、ついつい「技術」や「作る工程」が注目されがちですが、その先に「世の中に価値をつくれるのか」という部分が無ければ、モノ自体に意味は無くなってしまう。

「価値をつくることがモノづくり」は、とてもしっくりきました。

 

 

2、伝統は守るものではなく、残ったものが伝統

170924_059

「伝統、その先へ」というキャッチコピーで活動をする「浅草・飴細工アメシン」

話の流れで、「伝統」というキーワードになった時に、手塚さんからこんな言葉が出ました。

「よく”伝統は守らないといけない”と言うけど、伝統は守るものではなく、残ったものが伝統なんだと思う。

 

時代が変われば、ニーズも変わる。

その時々に、変化しながら、その時代に合った価値を創造できたものは残り、できなかったものは消えていく。

だから、伝統とは、時代の変化の中でも人々から求められ、生き残ってきたものが結果として呼ばれるものなのだ。

つまり「伝統をアップデートしていくのは必然」なのです。

 

ここまで聞いて「伝統」も「モノづくり」も生き物なんだと思いました。

その時代を生きている人たちから生まれ、その時代の人たちに生かされる。そう思うと「とにかくそのまま残すべき」というのは、乱暴な考えなのかもしれない。

 

 

3、俺とは違うことをしろ

170924_064

もうひとつ印象的だったのが、後継者問題。

伝統的なモノづくりの世界では、どこでも共通する問題なのかもしれない。

手塚さんは「その業界でスターがいないと下の世代も憧れて入ってこない。ちゃんと稼げるというのを示すのも大事。」と言ってました。

ここは僕もとても共感で「パーティークリエイター」も業界のモデルケースになって、面白いクリエイターが増えたらいいと常に思っています。

 

また、そこで問題になってくるのが、後継者のスキル。

僕も手塚さんも、今やっている活動は独学で習得し、日々成長しているので、弟子からすると中々追いつくことができない。

「弟子には”俺とは違うことをしろ”と毎回言っています」と手塚さん。

守破離にも近いのかもしれないが、師弟の間で、最初は師匠を真似するところから始まる。しかし、最終的には自分の独自の道を見つけ出さなければ、先人を超えることはできない。

また、違う視点で見れば、手塚さんもアフロも「人とは違うことしている」のが大きな強みだ。人から学び、真似することも大事だが、その人ならではのクリエイティビティを身につけなくてはいけない。

 

 

短いトーク時間の中で、面白い視点を頂きました。

モノづくりはもちろん、何をやるにも参考になる考え方だと思います。

 

 

その後はワークショップへ

170924_079

飴細工は時間との勝負。思い切りが大事なんだそうです。

 

170924_089

あっという間にお手本の兎が完成。飴細工の基礎として、まずは兎をつくるのも伝統なんだそうです。

 

170924_106

手塚さんやお弟子さんたちにアドバイスをもらいながら、兎をつくっていきます。しかし、とにかく時間がないので難しい!

 

170924_139

一人一人違う、個性的な兎が完成していきます。

 

170924_138

普段、手作業でモノづくりをすることが中々ないので、みなさん楽しんでいました。

 

170924_153

ワークショップ後に、手塚さんがその場で金魚の工程を披露。みんな飴細工の難しさを知った後で、余計に「すごい!」となっていました。

 

170924_062

手塚さんのモノづくりへの考え方を感じるトークショー、そして、実際に手を動かしてみるワークショップまでやれて、盛りだくさんな内容でした。

普段は中々触れることのない世界だったので、とても面白かったです。

 

▼ 手塚さんに興味を持った方は、ぜひお店の方に行ってみてください

2a6de09688f3d0baa477fa8a26ee77be

浅草とソラマチの二店舗あるそうです。詳しくは公式サイトを参照。

http://www.ame-shin.com/

 

 

今回の会場について

170924_188

170924_190

今年の夏にできたばかりの、クリエイターたちが集う原宿の新しいドロップインオフィス「Star Lab. TOKYO」。ここも面白いスペースなので、またブログ記事で詳しく書きたいと思います。

http://star-lab-tokyo.jp/

 

 

次回予告

171021_StarLab_02_flyer

次回は、3Dプリンターの世界で、新しい挑戦をしつづけるインダストリアルデザイナーの横井さんをお招きして開催します。

 

【NEW!】

前売チケットの販売を開始しました。
前回は前売完売だったので、お早めに!

btn_ticket

 

 

 

世の中に、もっとワクワクを。

アフロマンス

 

 


いいね!と思ったらフォローしてね!

bunner_line_btn3

bunner_twitter_btn3

bunner_instagram_btn3

bunner_facebook_btn3

 

オススメの記事をチェック!

04

イベントなんて、辞める理由がたくさんある。

 

02

ブッキングが集中する人、しない人

 

01

「イベントに行けません」と言うのは迷惑ってホント??

 

アフロがやっていることを5分で解説

bunner_introduction

アフロにどんな依頼ができるか

bunner_torisetsu

 出演、企画、取材等のお問い合わせ

bunner_contact