FEATURE | 2017.2.1

【はじめに】5分でわかるアフロマンス

bunner_lineat2_2

bunner_profile3

 

はじめまして!アフロマンスです!

afro1

よく「アフロマン」と間違えられますが、「アフロ」と「ロマンス」を足して「アフロマンス」です。

151220_about_afromance_01

英語表記は”afromance”です。

logo

ぜひ、覚えてやってくださいm(_ _)m

 

 

Q. 何をやってる人?

14102775_1178092318899919_655360852401921093_o

肩書きは「パーティークリエイター」と名乗っています。

アイディアや企画、情報設計、リアルな体験の設計などを組み合わせて、非日常をつくることをモットーとしています。

また、アフロマンスとしての活動自体は2006年からやっているのですが、2015年7月に独立し、株式会社Afro&Co. の代表としても活動しています。

 

 

Q. 具体的にどんなことをやってるの?

160312_062

具体的な事例を見た方が早いと思うので、代表的な事例を5つ挙げてみました。

1、泡にまみれるイベント「泡パ®」

2、街中をウォータースライダーに変える「Slide the City JAPAN」

3、一生に一度は見たい絶景フェス「The Lantern Fest JAPAN」

4、ハウスとマグロ解体のコラボレーション「マグロハウス」

5、佐賀県の干潟の泥に浸かれる「GATA-BAR」

◼︎ 

1、泡にまみれるイベント「泡パ®」

160806_awapa_011

_DSC1960

_DSC8159

僕が非日常体験をつくっていくキッカケになったパーティーです。

地中海の楽園「イビサ島」で有名な泡にまみれる「泡パーティー(foam party)」。一般的な「普通のイベント」にちょっと飽きているときに「やったら絶対面白い」という想いだけでやりました。

最初にやったのは2012年7月、原宿で開催しました。結果は、広告等一切使用せず、数日で3000名以上の応募が殺到しました。

その後、類似のイベントが出現していく中で「泡パ®」の商標を取得したり、公式サイト「泡パ.jp」をつくったりして、今は色々なバリエーションも増えて展開しています。

 

泡パ®の野外フェス版「泡フェス」

13737563_1170646759653428_8435552940919969412_o

 

ファミリー向けの泡パ®「泡パーク」

150725_泡パーク_中野駅前 - 1 / 5 copy

 

ハロウィンとコラボした「泡ハロウィン」

151030-112-copy

 

その他、企業やアーティストとのコラボを色々と展開しています。

 

TOYOTA LEXUS NXの広告キャンペーン

img01

 

資生堂 インテグレートのTV CM

スクリーンショット 2015-06-21 15.42.51

 

NMB48のPV

img01

 

映画GANTZ:OとのコラボPRイベント

161001_awapa_instagram

 

泡パ®との企業・商品・コンテンツコラボや地方開催など絶賛募集中です!お気軽にお問い合わせください。

bunner_contact_btn

 

【参考】公式サイト:泡パ.jp 

bunner_awapa

 

 

◼︎ 

2、街中をウォータースライダーに変える「Slide the City JAPAN」

_dsc4726

12015093_411339572391336_4322856501531951549_o

11845236_411340855724541_682649502755501358_o

Slide the Cityは、アメリカのソルトレイクで始まったイベントで、その様子がYOUTUBEやSNSを中心に全世界で話題になりました。

このイベントも「ぜひ日本でやりたい!」と思い、アメリカの主催にアプローチし、公式ライセンスを取得。2015年6月に日本初上陸を果たしました。

予想以上の反響で、1万枚のチケットも即ソールドアウト。その後も、西武ドームや軽井沢、大分県の別府など、日本全国で展開しています。

こちらも開催地やスポンサー企業を募集しています!下記infoからお問い合わせください。

bunner_contact_btn

 

【参考】公式サイト:Slide the City JAPAN 

bunner_stc

 

 

◼︎ 

3、一生に一度は見たい絶景フェス「The Lantern Fest」

_dsc1005

_dsd3536

_dsc0854

これまで「泡パ®」や「Slide the City」など、盛り上がる方向性のイベントを多く仕掛けてきたのですが、2016年以降「Chill Out」(ゆったりした)体験が人気になってくると思っています。

そこで2016年の夏に仕掛けたのが、スカイランタンとChill Outなミュージックを楽しむ絶景フェス「The Lantern Fest」です。

スカイランタンを飛ばす特徴的なビジュアルと相まって、100組300名を招待するイベントだったのですが、結果約28万名の応募を頂きました。

 

こちらも2017年の開催を準備中で、開催地やスポンサー企業を募集しています。infoからお問い合わせください。

bunner_contact_btn

 

【参考】公式サイト:The Lantern Fest JAPAN

bunner_tlf

 

 

◼︎

4、ハウスとマグロ解体のコラボレーション「マグロハウス」

151229_130

151229_156

151229_043

「なるほど、海外から新しいイベントを持ってくる人ね?」

と思われがちなのですが、元々企画の仕事をしているので、日本初のオリジナルの企画もしています。というか、ゆくゆくはオリジナルコンテンツをつくって海外に持っていきたいと思っています。

そんな中で、特徴的かつ話題になったのが「マグロハウス」です。

マグロの解体ショーとハウスミュージックが合うのでは?というひょんな思いつきから、イベントにしてしまいました。

「意味がわからない・・・」とよく言われるのですが、その設計過程を記事しているので、興味がある方はそちらを読んでみてください。

 

bunner_feature_magurobuzz

「なぜマグロハウスはバズったのか?」SNS時代に話題になる、イベント設計のポイント

 

なので、新規のイベントの企画依頼なども承っています(宣伝)

 

 

◼︎

5、佐賀県の干潟の泥に浸かれるバー「GATA-BAR」

160721gatabar-57

160721gatabar-79

dsc3407

こちらは佐賀県さんからの依頼で企画と実施を行った案件です。

佐賀県の魅力を東京でPRしたい(話題にしたい)という依頼から、青山通り沿いに佐賀県の「干潟」の泥に浸かれるバー「GATA-BAR」を期間限定でオープンしました。

また、バーということで、佐賀県の名産(お酒やおつまみ)が食べれるという仕様になっています。

場所や絵のインパクトから、通行人が写真を撮ったり、各種メディアでもとりあげてもらいました。

 

【参考】公式サイト:GATA-BAR from SAGA

bunner_gatabar

このように、地方自治体からの依頼を受けて、世の中に楽しい&話題になる企画の設計を行っています。

 

 

Q. なんとなくわかったんだけど、どういう時にお願いしていいの? 

僕みたいなジャンル横断型の人間だと「やってることはわかるんだけど、いつどう絡めばいいかわからない。」という方、いると思います。

詳しくは「アフロの取り扱い説明書」としてまとめましたので、アフロに興味がある方、今後何かで絡みたい方は是非チェックしてくださいm(_ _)m

bunner_torisetsu2

 

 

というわけで、アフロのことをなんとなくわかっていただけましたでしょうか?

もし、気になる方がいましら、是非何かご一緒しましょう!

よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

アフロマンス

 


過去記事ピックアップ。 ここら辺を読むと、アフロのことがちょっとわかるかもしれません。

bunner_feature150510

bunner_feature160510

bunner_feature160206

bunner_feature_magurobuzz

bunner_feature160814


よかったらフォローしてね!

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2
bunner_mail_btn2 bunner_lineat_btn2 bunner_lineat_btn2_qr

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted

FEATURE | 2017.3.26

「それ、なんのためにやるの?」と言われた話。

bunner_lineat4

 

どうも、パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

afro1

最近、

「コネゼロ!始まりは30人のパーティーだった。」

を書く中で、昔の出来事を色々思い出したので、書いてみたいと思います。

 

 

01

大学生の頃。

僕は、とにかく何かをつくりたいという気持ちに駆られていました。

ミスコンの立ち上げや、フリーペーパーの発行など、いろんなジャンルのことをやっている中で、イベントも始めました。

DJを始めたのとクラブイベントを始めたのは同時期。

当時の京都のクラブシーンの中では、イキのいい若手DJ/オーガナイザーという感じで目をかけてもらっていました。

 

 

02

そんな中で、夏になり、大学生は下手すると2ヶ月くらい休みになるわけです。それは、楽しいことやらないとでしょ、と。

当時(今もですが)僕はFatboy Slimが大好きでした。

音楽も大好きだし、彼のDJスタイルも好きだし、何よりイギリスのBrighton Beachで開催されているフェスティバルの映像がとんでもなく楽しそうで衝撃を受けました。

「僕もビーチパーティーをやりたい!」

と強烈に思いました。

 

 

03

ただ、関西は関東のようにDJができる海の家などほとんどなく、あまり環境も整っていませんでした。ましてや学生。

色々検討した結果、海沿いの林間学校が所有しているプライベートビーチを貸し切って、音響を運び入れ、DJブースを手作りし、現地まではチャーターバスを用意し、一泊二日のビーチパーティーツアーを企画することにしました。

当然、準備から運営まで、一緒にやってくれる仲間が必要です。

A4、2〜3枚のWordの企画書を片手に、色んな人に声をかけました。

「こんなビーチパーティーがやりたい!一緒にやらない?」と。

 

 

05

たくさんの人が快く受け入れてくれたのですが、そんな中で

「それ、なんのためにやるの?」

とニヤニヤされながら言われたのを強く覚えています。

 

言われて僕がどうだったかというと、

正直そんなことまったく考えていなかったので面食らいました。

だって、やりたかっただけだもん。

 

彼曰く、

「ビーチパーティーが好きなら、ちゃんとしたビーチパーティーイベントに遊びに行けばいいじゃん。なんで自分たちで苦労してやる必要があるのかわからない。」と。

 

それを聞いて「確かにな」と思いました。

その時の僕の返しは覚えていないけど、まぁ、やりたい以上の話はしていないと思います。

 

 

 

 

 

この話を聞いて、皆さんはどう思うでしょうか?

 

 

 

やりたい、という気持ち。

やる意味。

両方わかりますよね。

 

 

 

ただ、僕が今思うのは、

何かを生み出すとき、チャレンジするとき、

出発点は「やりたい」という気持ちであるべき

だということです。

それが「パッション」であり、「原動力」なのです。

理屈や意味なんてものは後からついてくるし、ついてこないで辞めるようなら、その程度のものなのです。

 

いくらもらえるから、やる。

自分の将来に役立つから、やる。

 

そうじゃないものは、やる必要がないのか?

 

僕は思うんです。

歌いたかったら歌えばいいじゃないか。

服をつくりたかったら服をつくればいいし、絵を描きたかったら絵を描けばいい。

人のためになりたいならボランティア活動すればいいし、二次元が大好きならどっぷりハマればいい。

 

それが何の為になるのかだと?

何の為にもならないかもしれないよ。

でも、それを「やりたい」という気持ちが、その人「らしさ」であり、その人の「アイデンティティ」なんだと思うのです。

 

目の前にあるものを消費するのもいいと思います。

提供された音楽を聴き、イベントに行き、絵を見て、シェフのつくった美味しいご飯を食べて、写真撮ってアップして寝る。そのためのお金を仕事で稼ぐ。

何もそこに否定はない。

 

ただ、その音楽やイベントや絵やご飯は、あなたの懐のお金を得るためだけにつくられたものなのか。

そんなものはつまらないし、そんな理屈や意味だけの環境の中で、新しいものが生まれてくるとは思えない。

 

だから、

自分の理屈なく「やりたい」と思う気持ちこそ大事にしてほしいし、人の「やりたい」という気持ちに触れたときにバカにして欲しくない、

と今は思います。

 

 

 

06

後日談、

経験もない中でやったビーチパーティーツアーは本当に大変だったけど、とんでもなく楽しかったし、本当にいい勉強になりました。

やる必要も、やる意味も無かったかもしれないけど、本当にやってよかったし、結局、今の自分を形づくっているのは、過去のやったこと/やらなかったことの結果でしかないんです。

初心に戻って、これからやるイベントやプロジェクトにも活かしていきたいと思います。

 

 

アフロマンス

 

 

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2
bunner_mail_btn2 bunner_lineat_btn2 bunner_lineat_btn2_qr


bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature170312_2 bunner_feature170318_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted

FEATURE | 2017.3.18

コネゼロ!始まりは30人のパーティーだった。

bunner_lineat4

 

どうも、パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

afro1

直近ですが、3/21(火)に静岡でワンマンのトークイベント「おしえて!アフロさん!!」(イベントは終了しました)に出演させていただきます。主催は、SENARAMPPLAYTANK。泡フェスSHIZUOKA開催に尽力頂いたチームです。

 

17155317_1348441555213470_354056351799846199_n

今回、トークの中で、アフロマンスの「過去」〜「未来」を話して欲しい、という依頼がありました。その「過去」というのも、「泡パ」など話題のイベントを仕掛ける前の話。

 

それを聞いて、興味深いなと思ったんです。

僕がイベントで話をする時は、泡パ以降の「具体的にこんなことをやって、こんな成果を出しました!」「その秘訣はこうです!」みたいな「今」の話が多いんですが、そういう話って聞いている側からすると、ちょっと距離があるというか、参考になりそうでならないことも多いんじゃないかなと最近思っていたところでした。

 

どこかで「自分ごと化できない」

「アフロマンスだからできたんでしょ。自分には関係ない。」と思ってしまう。

 

でも、10年前の僕のイベントで話題になったものがあったかというとそんなないし、毎回赤字にならないかハラハラしてたし、あまりの雑さにスタッフやDJに見限られることもたくさんありました・・・

ただ、その時の活動は、確実に「今」につながっています。

「え?アフロもこんな感じだったんだ。自分もやれるかも。」

そんな等身大のアフロの話ができたらいいかなと思っています。

 

 

そこで今日は告知がてら、少しだけ僕の昔話をしたいと思います。

 

 


「そもそもこのアフロ誰やねん」というレベルの方は、やっていることをサクッとまとめたページがあるので、そちらをチェックしてください。

bunner_5min


 

 

1、コネゼロ!始まりは30人のパーティー

00

僕は1985年3月7日、鹿児島で生まれました。

小学校の一部を親の仕事の関係で東京で過ごした以外は、高校卒業まで鹿児島で育ちました。

京都の大学に入学し、この頃からアフロのヘアースタイルで「afromance」と名乗り始め(最初は英語表記だった)、DJしたり、イベントをやったりしていました。

そして、広告会社への就職を機に、東京に引っ越したのが2009年。

 

学生時代、色んな活動をやっていたので、京都での知り合いは沢山いましたが、東京に来ると、まさにリセット。友達もほとんどいない。

実際、東京に来て1年目は会社の同期とばかり飲んでいた気がします。

 

ただ、やっぱりDJがしたくなりました。

でも、コネは一切ない。

じゃあ、自分で主催しよう。そう思いました。

数少ないDJやVJの友達、さらにその友達に声をかけて、今はなき中目黒のOVOという箱で、東京で初めての主催パーティーをやりました。

 

c0140540_16442769

イベント名は「uniQ(ユニーク)」

ユニークなことがやりたいって意思表示ですが、まんまやんか!という感じですよね・・・(笑)

 

OVOはクラブというより、DJバーといった感じ。

正直、キャパは30人くらいだったかな?

でも、その30人を集めるのも必死でした。

友達いないし。

彼女はもちろん、彼女にも友達を連れてきてもらったりしてました(笑)

 

小さなパーティーで、何回かやって終わってしまいましたが、ここで出会ったTAKAHASHI KAZUTERUが、その後、金沢に引っ越して、泡パISHIKAWAの礎を築いたり、「今」にしっかりとつながっている、思い出深いパーティーです。

 

 

 

2、twitterの絡みで生まれたチーム

_MG_4503

そして、翌年の2010年、7月に差しかかった頃、「どっかでビーチパーティーやれないかなぁ」と、もんもんと思っていました。 ※完全にやろうと思うのが遅すぎです(笑)

そんな時に、twitterで「今年はビーチパーティーに行きまくりだぜ!」という投稿が目に入ってきたのです。

そして、何を思ったのか、面識もない、そして、恐らくクラブ業界の大先輩と思われる方に、いきなり「むしろやりたい!」 とリプライしました。

そしたら向こうも「え?じゃあやっちゃう?w」と返してくれて、その後は「やりましょう。早速打ち合わせいつにする?」「明日のAMは?」「場所は渋谷のWIREDで」といった具体にトントン拍子で話が進み、本当に次の日に打ち合わせをして、2週間後には湘南でビーチパーティーを開催するまでにいたりました。

今思うと、勢いだけはありました(笑)

 

00

しかし、当然、そんな急ごしらえでやったパーティーなど、うまくいくはずもなく、キャパ200くらい、最低150人呼ぶ想定が100人いかなかったと思います。赤字も出したし、会場にもしぼられました。

ただ、この後、ここで集まった仲間で新しいパーティー「DENITE(デナイト)」や、このイベント名を冠する海の家「BEACH SAIKO(ビーチサイコー)」をプロデュースしていくことになる、大きなターニングポイントでした。

何よりもここで出会った大先輩(諸事情により、あえて名前は伏せます)が、東京のクラブシーンをたくさんつなげてくれたり、パーティーとは何なのかを色々な側面から教えてくれました。本当に感謝しています。

 

 

 

3、「普通」に飽きていたから、色んなことをやった

473897_3904672709214_1609331275_o

DENITEは、本当にいいパーティーでした。

僕自身、学生時代からDJやイベントの主催をやってきて、普通のクラブイベントには飽きがきていて、その大先輩も近しいマインドを持っていました。

なので、毎回テーマ設定を考えて、「◯◯DENITE(〜デナイト)」という形でパーティーを展開していったのです。

 

例えば・・・

291604_3904659708889_1865233099_o

ハロウィンの時期以外にも、コスプレできるようなイベントができないかと思い、初夏の時期に「怪談」とかけて「horror DENITE(ホラーデナイト)」というイベントをやりました。

DJに加えて、怪談家を呼んで怪談トークの時間があったり、会場を白布で廃病院風にデコレーションして、参加者のドレスコードは「ナースor白衣」にしてみたり(結構な割合で着てくれてました)。とてもいいパーティーでした。

 

75228_3726631898305_756366347_n

「osoto DENITE(オソトデナイト)」と称して、5月に河川敷でBBQをしながらDJをするイベントをやったり。

このイベントは僕が今も毎年楽しみにしているイベントで(もう名前は変わってしまいましたが)、年に一度、このイベントだけで会う人たちがたくさんいるような、とても大切なイベントです。

 

546212_4256907514864_1152825396_n

ビルの屋上(しかもジャグジー付き)で、音を出せるというスペースを見つけたら、すぐに「sora DENITE(ソラデナイト)」というイベントをやりました。

開放感のある屋上で、ジャグシーに入ったり、BBQしたり、good musicに体を揺らしたりする体験は、とても楽しかった記憶があります。

 

そんなこんなで実験的なパーティーをやっている中で、実はアフロマンスの最大のターニングポイントである「都内初の泡パーティー」も、このDENITEのシリーズとして開催されたのです。

 

また、その開催の裏側には、色々なストーリーがありました。

 

 

 

(続きはイベントで・・・爆)

 

 

 

色々な思い出やストーリーがありすぎて、思い出しながらいくらでも書けそうで困りました(笑)

でも、やっぱり全部つながっているんですよね。

だから、今は30人のパーティーを必死な思いでやっている人も、いつか1万人規模のイベントや、世の中で話題になるイベントをやっちゃう時が来るかもしれない。

そんな、自分自身の可能性を感じてもらえると幸いです。

(書いてて楽しかったので、反響あれば、色んな僕の過去のストーリーを赤裸々に書くシリーズをやってみようかなと思っています)

 

 

アフロマンス

 


イベント概要(イベントは終了しました)

17155317_1348441555213470_354056351799846199_n

見慣れた街中に突如現れる超巨大ウォータースライダー「スライド・ザ・シティ」!
抽選倍率2,800倍を記録した絶景フェス「ランタンフェスト」!
そして、この夏、静岡はもちろん、全国を泡まみれにした「泡パ・泡フェス」!

全ての仕掛け人アフロマンスが、3/21(火)に静岡にやってくる!
会場:Cafe Bar & Dialogue スノドカフェ七間町
静岡市葵区七間町7-8

定員:35名
※先着順・学生受入人数も別途あり・原則当日飛入り枠はありません

会費:一般 4,000円 / 学生 3,000円(ワンドリンク付)

交流会:20:00頃〜 (別会場・会費別)

 

企画ってどうやるの?
どうやったらファンが増える?
みんなの話題になるにはどうしたらいい??

そんなあなたの企画やイベントに関する「なぜ?」を、日本中を巻き込んでいるパーティークリエーター「アフロマンス」さんにぶつけてみましょう!

会の中では、あなたの声に直接アフロさんが応えてくれます!

【自分の企画にコメントが欲しい!!】
19日までに所定のフォーマットにご自身の企画を書いて送り、当日説明をしていただくと、アフロマンスさんからコメントやアドバイスがもらえます(応募多数の場合は抽選)

【こんなこと聞いてみたい!!】
あらかじめお寄せいただいた質問にできる限りお答えします(応募多数の場合は抽選)

そして、時間内じゃ物足りない!というあなたの為に、会の後には交流会を予定しています!こちらも是非ご参加ください(^^

 

詳しく下記URLをチェック!
https://senaramp.stores.jp/?category=EVENT


 

 

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2
bunner_mail_btn2 bunner_lineat_btn2 bunner_lineat_btn2_qr

bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature160211_2 bunner_feature160128_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted

FEATURE | 2017.3.12

自分のやったことで泣いてますか?

bunner_lineat4

 

どうも、パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

afro1

今日は表題の通り。

「最近、自分のやったことで泣いてますか?」

という話。

 

 

涙活という言葉が流行ったり、最近泣きたい人が多いらしい。

映画を見て泣いたり、

恋の歌を聞いて泣いたり、

それもいいけど、「自分がやっていること」で泣けるというのはまったく別の話だと思う。

 

 

IMG_8659

僕には、思い出深い一件がある。

それは2013年のバーニングジャパン

終わった瞬間に、共同主催のアサミくんとミネギシくんの目から、ほろほろと涙がこぼれ、そして、僕も泣いた。

 

あの時、なんで僕は泣いたんだろう?

それを思い出してみた。

 

 

1、未知との戦いだった

IMG_8168

あの頃の僕らは何もかもが手探りだった。

バーニングジャパンは火を扱ったり、参加者が様々なアートやパフォーマンスを持ち込む、とてもコントロールが難しいイベント。

今でこそ、色んな分野のプロのチームがいるけど、当時は何が正解がわからないし、具体的なやり方もわからないことだらけだった。

チャレンジとか挑戦なんて、カッコイイものじゃない。

正直、無謀に近い。

無茶だ。

だから、僕らは不安とワクワクでぐちゃぐちゃになっていた。

 

 

2、ぶつかる仲間がいた

_MG_8367

あの頃の僕らは本当にガチンコだった。

お互い余裕がなかったんだと思うし、今思うと視野が狭かった。

ただ、それぞれの視野目一杯に物事を考えて、考えて、考えて、切磋琢磨した。

フラットに、それぞれの価値観や考え方をぶつけ合う仲間。

立場や経験は、そんな関係をどんどん許してくれなくなる。

そんなに多くなくてもいい。

上下なく、苦楽を共にし、ぶつかる仲間を持つこと。

その時の3人の関係は、そんな感じだったと思う。

 

 

3、とにかく感謝した

IMG_8616

不思議な、夢のような時間だった。

あの時、最後のDJは僕だったんだけど、正直何をかけたのかまったく覚えてない。

ただただ、楽しかったことだけは覚えている。

僕は、最後の曲をかけ終わり、「ありがとう」みたいなことを言ったんだ。

そしたら、その場にいた参加者が、列をなしてしゃがみこみ、「ありがとう」と全身で伝えてきた(上記写真。子供にとってはなんのことやら…w)

僕も慌てて、ブース前に行ってしゃがみこみ、感謝を伝えたことを覚えている。

一人でできることなんて、いかにちっぽけか。

この夢のような時間を一緒につくってくれている仲間たちに感謝しかなかった。

 

 

IMG_8642 (1)

IMG_8649

IMG_8657

IMG_8659 (1)

IMG_8661

IMG_8663

IMG_8665

 

肩を抱き合って、とにかく「よかったね。」と思った。

三人いれば、当然三人は違う人間なんだ。

僕以上に責任感の強い主催二人の、押し寄せる安堵と、達成感の気持ちが、抱き合った腕から伝わってきた。

「本当によかった。」

「そして、本当にありがとう。」

三人の気持ちは一緒になっていた。

そして、三人で抱き合いながら泣いた。

 

 

IMG_7086

みんな昔は、「自分がやっていること」にもっとワクワクしていたはずだ。

未知のことがいっぱいあって、上も下もない仲間がいて、たくさんぶつかって、たくさん感謝したはずだ。

いつからか、仕事も、人生も、「こなす」ことを覚えてしまう。

ワクワクすることが目的のエンターテイメントの世界ですら、気づかないうちに「こなす」ようになってしまっていることがある。

それは、今やっていることの規模でも、質でもない。

常に、

未知との戦いを挑む無謀さと、

本気でぶつかりあう仲間と、

関わる全てが有難いと思うこと。

そんな自分の「姿勢」なのかもしれない。

 

僕は、誰かが作った、人を泣かせるための何かではなく、自分がやった何かで、また泣きたい。

泣き続けたい。

 

 

アフロマンス

 

 

bunner_sns2

bunner_twitter_btn2 bunner_facebook_btn2 bunner_insta_btn2
bunner_mail_btn2 bunner_lineat_btn2 bunner_lineat_btn2_qr

bunner_recommend

bunner_feature150510_2 bunner_feature160510_2
bunner_feature160211_2 bunner_feature160128_2

 

✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

 

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

 

アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

MENU

menu_icon_profile menu_icon_news menu_icon_schedule
menu_icon_feauture menu_icon_project menu_icon_wanted

FEATURE | 2017.1.4

パリピはひとりでは踊れない。

パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

afromance_170101

朝日新聞 2017年1月4日号の社会面。

昨今のパーティーピーポー(いわゆるパリピ)についての取材を受けました。

01

紙面はぜひ買って手にとってね。WEB版はコチラ。

 

紙面自体は、取材を受けている中で紹介した僕の「元弟子」が主役になるという展開になったので、僕は脇役的な感じです(笑)

ただ、取材の中で、朝日新聞の記者の方の熱意のある質問に僕も刺激を受け、色々考えるいい機会になったので、パリピに関連して思うことを少し書きたいと思います。

※5部構成。いつもよりちょっと文量多めです。

 


目次

1.「パリピ」ってそもそも何なのか?

2. 若者を表す「真面目なパリピ」

3. 今パリピが普通になった背景

4. パリピスイッチを如何に押してあげるか

5. パリピの先にあるもの


◼︎

1. 「パリピ」ってそもそも何なのか?

161122_063

パリピ = パーティーピーポーという言葉が世の中でつぶやかれるようになりました。言葉のイメージとしては「パーティーで盛り上がってる人」「ウェイウェイ言ってるテンション高めな人」とかそんな感じでしょうか。

ただ、そういう人って昔からいた訳です。クラブもディスコもフェスも、昔からあったし、妙にテンション高い人もいた。

それが何故このタイミングで言葉化、そして社会面として取り上げられるかというと、それが今の若者(10代後半〜20代前半)にとっての「普通」だからです。

昔からあったシーン、そこにいるパリピ的な人。彼らはその世代の中では、「尖った人」「はっちゃけてる人」だったのです。

今の若い世代の中では逆で、パリピはごくごく一般的な人なのです。普通にそこらへんにいる若者。ただ、盛り上がるのが大好き。だからこそ、面白い側面も出てきています。

 

◼︎

2. 若者を表す「真面目なパリピ」

161122_265

パリピという言葉から連想すると、人に迷惑かける、ちょっとヤンチャなイメージがあると思うのですが、前述したように「ごくごく一般的な若者」なので、真面目な子も多い。

中には学生団体でクラブを貸し切り、満員御礼の大盛り上がりのイベントを仕掛けつつ、その利益をラオスの小学校をつくることに全額寄付している子たちもいます。彼らも立派なパリピ。

上の世代からすると、一見相反しているように見えることも、若い世代にとっては何の矛盾もないことです。「盛り上がること」「自分たちが楽しむこと」「人を楽しませること」「それを共有すること」「そして社会にも貢献すること」これらは全部、物を買ったり、お金を儲けたりすることでは得られない、社会性の高い幸福を感じる行為です。

リアルなイベントが流行るときに出る「コト消費」という言葉が、僕はあまり好きではありません。正直、ちょっとズレている。もはや彼らは消費ではなく、「コト生産」そして「コト共有」を求めていると思います。

 

◼︎

3. 今パリピが普通になった背景

_DSC3931

では何故、パリピがこのタイミングで若者を中心に一般化したかというと、テクノロジーの発達と、その環境に対するネイティブな世代だということがつながっていると思います。

今の若い世代は青春時代をスマホとSNSを当たり前のこととして過ごします。

SNSを使っているとわかると思いますが、なかったときに比べると、何かと人に見られる機会が増え、人の目線を気にする・意識することが多くなったと思います。ご飯を綺麗に撮ってアップするのもそうだし、写真をアップするために絵映えするスポットに行くのもそうです。

SNSがなかった時代を生きた世代からは想像できない、周囲の目の中で育っているのが今の若い世代なのです。だから、人と外れたことがしたくないし、一人だけで目立つことはできない。友達と同じ格好をするとはみ出さない、だから双子コーデなんて上の世代では理解できない流行も起きる。

そんなある種、窮屈な世代の彼らも、ある設定があれば、普段発散できない自分を出してきます。そんなパリピ・スイッチがあると思っていて、それがクラブや泡パやハロウィン、ワールドカップ、ひとりでは踊れないけど、皆が一緒に騒げるなら、人一倍騒いで発散する、そんな背景があると思っています。

 

◼︎

4. パリピ・スイッチを如何に押してあげるか

stc0607-72

では、どうやれば彼らを自己解放させてあげられるかというと、設定とリードの二つかなと思っています。

設定とは、この空間やこの場では、一般的な日常の社会とは別で、こういうことをやっていい、むしろそれが当たり前、という設定です。ディズニーランドでミッキーの帽子を被るのは当たり前だから恥ずかしくないけど、日常的に付けられるかというと無理ですよね。Slide the Cityで街中で水着に浮き輪を持って遊ぶのはできるけど、普段は街中を水着では歩けません。そんな日常と線を引く、非日常をつくることです。

また、リードとは、その空間や設定の楽しみ方を導いてあげることです。例えば、クラブで黙々と音楽をかけていても、彼らはなかなか踊れません。でも、ダンサーやDJが楽しみ方をリードすると、素直にそれにのってきます。早朝フェスでやっているヨガパーティーも非常にここにマッチしています。逐一動きを指示してあげると、みんな喜んでハードな動きについていきます。安心して解放できる環境をつくることが大事です。

 

◼︎

5. パリピの先にあるもの

img_4541

最後にこの現象が今を表しているとして、次はどうなるかという話。僕の仮説ですが、いくつかご紹介したいと思います。

・Chill Out

今まで「盛り上がること」を重要視していたパリピたちは、もう少し大人になり、リラックスした非日常体験を求めると思っています。ただ、非日常感とフォトジェニックは必須です。

・小さなパーティー

今まで大型のフェスやイベントなど、人とエネルギーが集まるフィールドを好む傾向にあったと思うのですが、もっとリアルな身近なつながりを大切にするようになり、1万人の不特定多数のイベントから30人のコアなパーティーに移行していく。

・超参加型

これはバーニングマンおよびバーニングジャパンというイベントを見ていて思うことですが、消費から制作・共有の欲求が強まっていく中で、参加者全員が表現者であり出演者という形も広がっていくと思っています。ニコニコ超会議などは近いかもしれません。まさに「全員主役」というイベントです。

…と、3個くらいあげるとキリがいいかと思ったので、こんな感じで。

 

 

いかがだったでしょうか?

よくパリピ、パリピと言いますが、考えていくと非常に奥が深いし、興味深い現象だなと思っています。

僕はそこに対して、常に新しいアンサーを出していけるように活動していこうと思っています。

何かの参考になれば幸いです。

 

アフロマンス

 

 


✅ いいね!と思ったらフォローしてね

bunner_twitter_btn bunner_facebook_btn bunner_insta_btn

bunner_lineat2

bunner_mailmag


✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

✅ アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu

 

FEATURE | 2017.1.1

アフロの2017年の抱負というか大事にしていきたいこと

img2

HAPPY NEW YEAR 2017 !!

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


パーティークリエイター/DJのアフロマンスです。

afromance_170101

今日は、個人的な2017年の抱負というか、大事にしたいことを宣言として書きたいと思います。

 

一言でいうと、

広げる×深める 2017

です。

 

その内容を、3つの視点でまとめました。

 

 

1、コミュニティと絆づくり

161122_293

僕が今一番関心があることが「コミュニティ」です。

一人でできることは限られているけど、皆でやれば実現できることがいっぱいある。利害ではなく、「世の中に楽しいことを作り出していきたい」という「気持ち」と「行動」でつながる輪を広げること。

 

Afro&Supporters

そんなコミュニティに関する、ひとつのプラットフォームを年末に発表しました。アフロマンスおよびAfro&Co.のプロジェクトを一緒につくっていくサポーターコミュニティ。ちゃんと「生きたコミュニティ」にしていくことが、今年の目標の一つです。ぜひチェックしてみてください。
http://afromance.net/news161222

 

ペイフォワードの精神で

日本語で言うと「恩送り」。誰かから受けた恩を、自分は別の人に送り、「恩」が世の中を回っていくこと。その時の損得ではなく、僕は、僕と関係する色んな人に、できるだけ恩を送りたいと思っています。コミュニティの精神としても大事にしたいと思っています。

 

つなぎ手

僕はたまたま色んな業種・色んなシーンと接点があるので、今まで交わらなかったコミュニティ同士のつなぎ手として動いて、新たな化学反応を起こしていきたいと思っています。

 

 

2、非日常体験の拡張

_dsc1005

具体的な活動として、これまで同様「非日常体験をつくること」をコンセプトに、様々なイベントやプロジェクトをやっていきます。2017年はその「内容」や「やり方」を拡張していきたいと思っています。

 

Chill Out 2017

大型フェスやド派手な演出・音楽で「とにかく盛り上がる」体験が多い中で、ゆったりとしたチルな感じだけど「体験としては非日常」というプロジェクトをつくっていきます。2016年でいうとThe Lantern Festなど、徐々に展開を始めている企画視点です。

 

WOW感

泡パやSlide the Cityなど、ある意味で定番化してきたこれらのコンテンツを焼き直しではなく、皆の想像を超えるWOW感(思わず、WOWと言ってしまう驚き・感嘆)とともにブラッシュアップ・パワーアップさせていくこと。

 

小さな非日常

大きくする方向だけでなく、小さく、身近な非日常をつくっていくことも考えています。例えば、今までやっていたコンテンツが誰でも気軽に個人でも実施できたり、逆に、個人レベルで真似できる非日常体験を発掘・開発していくことを考えています。

 

 

3、アーティスト・文化人へ

001

完全に個人的な目標なのですが、これまで「イベント主催者 兼 DJ」として活動してきたところから、2017年は「アーティスト 兼 文化人」に活動をシフトしていきたいと思っています。

 

ライブと体づくり

2016年は、様々なアーティストとのコラボや、現場を一緒にすることが多く、「ライブがやりたい!」という気持ちが芽生えてきました。2017年はそれを現実にするための創作活動と、ライブに(色んな意味で)耐える体をつくることをやっていきます。

 

本の出版

本サイトのように自分の考えを発信したり、書いたりすることが好きなので、それを一つの形にするという意味で本を出版したいと思っています。(ご興味ある出版社の方、連絡くださいw)

 

ファッションへの進出

これも、とにかく好き!という気持ちからなのですが、可愛くて面白い服が大好きで、グッズレベルのデザインはずっとやってきたのですが、それを進化させて、ブランドとして展開したいと思っています。

 

 

 

「広げる×深める 2017」まとめ

1、コミュニティと絆づくり

縁を大切にし、価値共感の輪を広げていく。つながりを深めていく。

2、非日常体験の拡張

これまでやってきた非日常体験づくりの幅を広げる、より深める。

3、アーティスト・文化人へ

個人としての活動も、内なる気持ちを大切にしながら、広げ、深めていく。

 

ある一方向を選択するのではなく、多様性とチャレンジ精神を大切にしながら、皆と一緒に突き進んでいくイメージ。

結果として、弊社のスローガンでもある

「世の中に、もっとワクワクを。」

に全てはつながっていく。

そんな2017年にしたいと思います。

 

頑張ります!一緒に楽しいことをつくっていきましょう。

よろしくお願いいたします。

 

アフロマンス

 

 


✅ いいね!と思ったらフォローしてね

bunner_twitter_btn bunner_facebook_btn bunner_insta_btn

bunner_lineat2

bunner_mailmag


✅ 企画、出演、取材などのお問い合わせはコチラ

bunner_contact

✅ アフロがやっていることを具体的に知りたい方へ

bunner_introduction

✅ アフロにどんな依頼ができるかまとめ

bunner_torisetsu